※ お墓 って何故あるのだろう。  
    ※ お墓参りって,どうしてするのだろう。。。

  お墓参りってどうしてするのだろう。。。
Sarubiaは結婚してきてから余りお墓について深く考えた事はなかった。が,習慣として「正月,彼岸,お盆」に,
墓参りをしている。墓参りをする人にはそれぞれの個人によって理由,意味は違うのだと思う。

   お墓を<
    
    ・先祖と繋がっているもの。
    ・自分の死後に行くべき場。
   ・永遠の安らぎの場。
    ・清浄な霊(仏)が祭られている場。
    ・自分の懺悔の場。
    ・霊の集まる場。
など,人によってそれぞれに墓石に対する考え方,受け止め方には違いがある事と思う。
  
  Sarubiaは最近思うにお墓の前で手を合わせて合掌をするという事は,
    「自分を自分たらしめている」という事。
自分が生まれていなければ墓参りも出来ない。また,父母,祖父母,脈々と繋がる先祖との繋がりが無ければ,
自分は生まれていないし,墓石の前で手を合わせる事もないのです。だから,お墓参りが出来るのは幸せな
事であり,素直な心で墓石に語りかけ,真心を込めた墓参は自分に苦しみがあっても,辛き事が合っても生き
る力を沸かせてくれると思うのです。


inserted by FC2 system