☆流涙症  
  涙液が涙管から排泄されず内眼角からあふれる状態をいう。あふれ出た涙液は,
顔面の被毛と反応し,赤茶色に変色する。特に白い被毛を持つ犬では最も目立つ。
プードル,ポメラニアン,マルチーズ,テリア
およびシーズ-などによくみられる。
 
   ◇病因
1,涙液分泌の増加
 
 1)結膜炎
 2)角膜炎
 3)眼瞼内反
4)睫毛異常
 5)瞬膜腺の炎症
2,涙液の排泄障害
 1)涙点の閉塞/閉鎖
 2)涙点の先天的欠損
 3)眼瞼異常
 4)眼輪筋の機能低下
3,隣接病巣
 1)涙農炎
 2)歯牙疾患
 3)眼球癒着
  
     ☆前房出血   
  前房出血は前房内に血液が貯留した状態である。これには急性,慢性または再発性があり,血液が
前房の下方にはっきりした境界を持つタイプと全体が血液で充満されるタイプとがある。前房内の血液の
色は初期には鮮紅色であり,時間の経過に伴い暗色になる。前房内の赤血球は線維柱帯の壁細胞により
食作用を受ける。また,虹彩の表面からフィブリノリジンが放出され凝固を阻止する。
   ◇病因
 前房出血の主な病因は以下のものがあげられる。
1)外傷
2)血管壁の脆弱
3)血液凝固系障害
4)虹彩および網膜新生血管
5)管分布の多い腫瘍
6)重度ぶどう膜炎
7)網膜異形成
8)全身性疾患
9)慢性緑内障
10)白内障手術後:数ヶ月後におそらく新生血管の破裂
11)特発性(不明)
       
    ☆前房蓄積  
  ブドウ膜の炎症により血管の透過性が更新し,前房内にフィブリンや炎症細胞が遊出する事をいう。
前房蓄積は通常,非感染性であり,ブドウ膜炎の結果としてみられる。また,角膜実質炎や角膜潰瘍に
伴い二次性のブドウ膜炎が起こり,前房蓄積を引き起こすことがある。前房蓄積は部分的または完全に
前房を満たす事があり,初期には液状を呈するが,時間と共にフィブリンが加わり凝塊となる。
   ◇病因
  細菌感染や無菌的な白血球の反応
 1)前ブドウ膜炎
 2)角膜実質炎
 3)角膜潰瘍                                     
 

        
 犬の診療最前線・interzoo より 

inserted by FC2 system