☆眼瞼内反 
  眼瞼内反は,眼瞼の一部または全部が内方へ向かい,角膜を刺激する病的な状態で,二次的に
角膜疾患を引き起こす事が多い。犬の眼瞼内反は先天性眼瞼内反と後天性眼瞼内反とに区別できる。
先天性眼瞼内反は犬種と関係があり,遺伝的なもので,眼瞼裂の発育後にみられる。先天性眼瞼内反は,
ブルドッグ,セント・バーナード,チャゥ・チャゥ,ラブラドール・レトリーバー,コッカ-・スパニエル,秋田犬および
シャー・ペイなどでよくみられる。通常は下眼瞼だけであるが,ときには上下眼瞼両方とも矯正する必要を
 
生じる症例がある。
    ◇分類
1,先天性眼瞼内反
2,後天性眼瞼内反
 1)瘢痕性眼瞼内反:傷の修復に伴う瘢痕形成に起因
 2)痙攣性眼瞼内反:前眼部の疼痛に起因
 3)弛緩性眼瞼内反:加齢に伴う眼輪筋の緊張低下に起因
  
     ☆眼瞼外反  
  眼瞼外反は眼瞼縁が外方へ湾曲した状態をいい,大眼瞼裂,顔面筋,眼輪筋の緊張低下,外側牽引
筋の機能不全,顔面皮膚の弛緩,瘢痕収縮などが原因で起こる。眼瞼外反のために,露出性結膜炎や
時に角膜炎が起こる。眼瞼内反を併発している事もある。
   ◇分類
1,先天性眼瞼外反
 犬種と関係があり,遺伝的要素を持っている。外反は眼瞼裂の発育直後にみられ,下眼瞼の異常伸張に
  よるものである。セント・バーナード,ブルドッグ,ボクサー,レトリーバー種などによく認められる。
2,後天性眼瞼外反
 1)瘢痕性眼瞼外反:傷の修復に伴う瘢痕に起因
 2)麻痺性眼瞼外反:顔面神経麻痺に起因
 3)痙攣性眼瞼外反:眼輪筋の収縮に起因
 49弛緩性眼瞼外反:眼輪筋の緊張低下に起因
          
     ☆睫毛乱生症     
  睫毛乱生は睫毛の発毛位置は正常であるが,方向が角膜に向いており,角膜を刺激する。
獣医学領域では,眼球に触れている眼周囲の全ての毛がこの範疇にはいる。
1,チワワ,トイ・フォックス・テリア,ペキニーズ,ポメラニアンおよびパグにみられる
   上眼瞼外側睫毛の偏向が好例である。
2,眼瞼内反で毛が角膜の方向を向いている。
3,短頭種ではなの皺や涙丘の毛が眼に接触する。
        
    ☆眼瞼炎
  眼瞼の炎症。皮膚の疾患に関連して認められる事が多い。
下記のような種々の要因により眼瞼炎が発症する。
1,細菌性:多くはStaphylococcusに起因する。
2,皮膚真菌性:microsporum canis,Trchophy‐ton mentagrophytesなどによって発生する。
3,寄生虫性:毛包虫,ヒゼンダニに起因する。
4,アレルギー:病因としてはワクチン摂取,薬物,昆虫の刺咬,食事性,日光性などがあげられる。
5,免疫介在性:天疱瘡,エリテマトーデス,フォークト・小柳・原田病などによって発生する
6,腫瘍性:扁平上皮癌,マイボーム腺腫などの眼瞼に生じる腫瘍に続発する。
7,外傷性:交通事故,咬傷などの顔面の損傷によって起こる。                   
 

        
 犬の診療最前線・interzoo より 

inserted by FC2 system