☆ぶどう膜炎  
  ブドウ膜(血管膜)は虹彩,毛様体及び脈絡膜より構成されている。前者2つを総称して前ブドウ膜,
脈絡膜は後ブドウ膜と呼ばれる。ブドウ膜炎はすべて血管膜の炎症である。ブドウ膜炎の病因は多く,
正確な診断を付ける事が難しい疾患の1つである。
  ◇病因
1,全身性疾患に伴うブドウ膜炎
  1)伝染性肝炎
  2)敗血症
  3)猫白血病ウィルス感染症
  4)猫伝染性腹膜炎
  5)トキソプラズマ症
  6)その他
2,免疫介在性ブドウ膜炎
  1)フォークト・小柳・原田病様症候群
  2)水晶体過敏性ブドウ膜炎
3,外傷性ブドウ膜炎
4,中毒性ブドウ膜炎
5,原因不明のブドウ膜炎
 
     ☆白内障   
   白内障は水晶体,水晶体嚢の混濁と定義される。
   ◇病因
1,遺伝性:犬種によって発生する年齢と部位が異なって報告されている。
2,外傷性:水晶体に達する穿刺創,鈍性外傷,外傷に起因する炎症により起こる。
3,代謝性:代表的な疾患は糖尿病である。水晶体内に水分が侵入し,線維の腫脹と凝固が起こる。
4,中毒性:
5,栄養性:エスビラックR O 生後1〜3週間の子犬にエスビラックRのみを与えた場合
       に白内障の発生率が増加したという報告がある。多くはアミノ酸の不足とアンバランスが関係する。
6,放射性:X線,?(ガンマ)線,マイクロウェーブ
7,電気:電気コードを噛んで感電した後,
 
好発犬種:コッカ-・スパニエル,ミニチュアおよびトイ・プードル,シベリアン・ハスキー,
       ミニチュア・シュナウザー,ゴールデン・レトリーバー,ビーグル種その他。
          
     ☆水晶体脱臼   
  水晶体は眼球内でチン氏帯により吊られている。水晶体脱臼はチン氏帯の部分的または全部が断裂し,
硝子体窩から外れた状態を指す。水晶体の外れ方により,硝子窩から脱臼しチン氏帯付着のないものを
完全脱臼,いくらかチン氏帯が付着しているものを亜脱臼という。
   ◇病因
1,先天性/遺伝性
 1)多発性眼奇形
 2)中胚葉発育不全
  ・チン氏帯虚弱あるいは欠損の結果
  ・犬種好発性:ケアン・テリア,ミニチュア・シュナウザー,テリア種
2,外傷
3,続発性
 1)眼球内腫瘍
 2)過熱白内障
 3)緑内障                         
 

           
 犬の診療最前線・interzoo より 

inserted by FC2 system