☆結膜炎   
  結膜炎は瞼結膜および球結膜の炎症であり,慢性および急性に経過する。結膜は外界に露出しており,
他の結膜より刺激を受けやすい部位である。結膜に限局した場合と,全身性疾患の一症状としてみられる
場合,さらに眼周囲の炎症に併発して認められる場合がある。結膜炎は種々の原因で起こるが,
主に以下のようなものがあげられる。
   ◇病因
  1)細菌
  2)真菌
  3)ウィルス
  4)寄生虫
  5)アレルギー
  6)毒性化学物質
  7)異物
  8)涙液欠乏
 
    ☆角膜炎    
  角膜炎は角膜の炎症を呈する疾患であるが,病因,位置,組織学的部位,臨床症状などにより種々に
分類されている。
1,表層性角膜性  
  ・表層性点状性角膜炎
  ・表層性上皮びらん
  ・表層性角膜変性
  ・表層性血管新生
  ・パンヌス
  ・高度増殖肉芽組織
  ・水疱性角膜炎
  ・乾性角膜炎
2,色素性角膜炎
3,深層性角膜炎
4,潰瘍性角膜炎
  角膜上皮の障害および潰瘍の治癒過程は,多核白血球が涙液を介して病巣部に集まり,
上皮細胞表層の扁平細胞が欠損部に移動し,遅れて上皮基底細胞の細胞分裂が生じ,
上皮欠損部を修復する。実質は膠原線維が再生し,欠損部を修復する。
  
     ☆角膜浮腫     
  角膜浮腫は角膜内皮障害により発生する。角膜内皮細胞は犬では若干の再生機能を有すると
いわれている。内皮細胞は六角形の細胞でポンプ作用を有している。内皮細胞は障害を受けると拡大し
その障害部分を修復する。一定以上の障害を受けると機能が低下し,実質内の水分が増加し,
浮腫を引き起こす。浮腫は部分的または全体的に蒸気がかったように見える。これは原発疾患の
程度により異なる。
   ◇原因
1,実質性角膜炎
2,前ぶどう膜炎
3,ブルーアイ
 アデノウィルスT型によるものでワクチン摂取後7〜14日の間に,または自然感染経過虫に発症する。
4,緑内障
5,角膜潰瘍
6,角膜内皮ジストロフィー
 老犬に多く,ボストン・テリア,チワワ,ミニチュア・プードルiよくみられる。
7,眼内手術後                                      
 

       
犬の診療最前線・interzoo より   

inserted by FC2 system