☆赤血球増加(多)症 
  末梢血の赤血球数やヘモグロビン量,PCV値などが増加した状態をいい,絶対的赤血球増加症と
相対的赤血球増加症に大別できる。後者は血漿量の減少によるものであり,最も普通にみられるものは
脱水によるものである。絶対的赤血球増加症はエリスロポエチン産生に無関係な真性赤血球増加症
(真性多血症)とエリスロポエチン産生増加による二次性赤血球増加症に分けられる。真性赤血球増加症
は慢性骨髄増殖性疾患の1つで,多能性幹細胞の異常であり,白血球系,血小板系にも異常を認めること
がある。二次性赤血球増加症は心血管障害や肺機能障害,ヘモグロビン異常などによる慢性的な組織の
低酸素症によるものと腎疾患(腎嚢胞,水腎症)や腫瘍(腎癌,腎リンパ腫)による異常なエリスロポエチンの
産生によるものがある。
 
     ☆血小板機能異常症 
  いくつかの先天性疾患あるいは後天性疾患において,血小板機能が変化し,そのために止血機構に
異常の生じた状態をいう。血小板の主要な機能には,粘着能,凝集能および放出能があるが,血小板機能
異常症では,これらが単独または複合して異常を示す。
  ◇原因
    1,先天性血小板機能異常症
      血小板無力症(オッター・ハウンド),血小板障害(アメリカン・フォックス・ハウンド,バセット・ハウンド)
    2,後天性血小板機能異常症
      腎不全(尿毒症),異常蛋白血漿(マクログロブリン血症,骨髄腫),肝疾患,骨髄増殖性疾患,
      白血病,貧血,線溶の抗進(FDPの血小板凝集阻止),白皮症(ジャーマン・シェパード,ボクサー,
      ドーベルマン・ピンシェル),全身性エリテマトーデス,甲状腺機能低下症,高エストロゲン血症,
      ウィルス感染,薬物(抗血小板薬,フロセミド,リドカイン,ペニシリン,生ワクチンなど多数),
      先天性疾患(VSD,PDA)などは,血小板第V因子放出の不良を誘引し二次的な血小板機能
       異常症を起こすことがある。
    3,von willebrand病(vWD) 
      von willebrand因子(vWF)は,血小板凝固・線溶因子群あるいはその阻止因子群のいずれ
      にも属さない止血因子であり,生理的には障害を受けた血管壁に血小板が粘着する際に,
      血小板膜糖蛋白と内皮細胞下組織成分の“架橋分子”として働く。また,循環血漿中では
      Ca2+イオンの存在下に,凝固第[因子と非共有結合による不活化から第[因子を守り安定化
      させる機能を有している。このvWFの量的・質的異常症であるvWDは,臨床的には血小板粘着
      異常症をもたらし,出血傾向を示す疾患である。海外の報告では犬における先天性遺伝性の
      出血性疾患の中で最も多いものであり,ドーベルマン・ピンシェルやジャーマン・シェパードなどを
      含む一部の犬種では極めて高い罹患率(10%〜70%)が示されている。本症は,遺伝形式および
      vWFのマルチマー構造に基づき,いくつかのタイプに分類されているが,国内では全く検討されて
      おらず,犬のvWFそのものもわが国では報告されていない。
 
          ☆白血病
  白血病は細胞の起源により骨髄性(顆粒球性)白血病,単球性白血病,リンパ性白血病,赤白血病,
骨髄巨核球性白血病,形質細胞性白血病などに分けられる。さらにそれぞれの病型は急性型と慢性型に
分けられる。急性白血病は未分化な白血球が腫瘍性に増殖したものであり,慢性白血病は成熟した白血球が
腫瘍性に増殖したものである。近年血球の分化についての研究が進み,各血球細胞が多能性幹細胞から
前駆細胞を経て成熟する過程が明らかになり,骨髄性白血病,単球性白血病,赤白血病,巨核球性白血病を
現在ヒトの急性白血病の分類はFAB分類が主流であり,動物においてもjainらがFAB分類をベースにした
新しい動物の急性白血病の分類基準案を提唱している。               
 
 
 
         犬の診療最前線・interzoo より 

inserted by FC2 system