2008/ 4/13 10:46

そんなに難しく考えなければならない事なのでしょうか。

1,散歩の時はまったく喧嘩せず一緒にできるのですが・・・
2,わたしに懐ききっております。

私はこの2点を考えて,共に生活をする事に問題はないと思います。

第一に,絶える事のない愛情。
第二に,限りない忍耐。
第三に,決して諦める事のない心。

私は成犬の里親になるということは,↑の3つの心が不可欠と思っています。
里子として来た犬の本能,性格,里子として来るまでの悪癖,
これらを家族として迎え入れたその時から,
飼い主となったその家の規律,生活リズムを教えていかなければならないのです。
それには,その犬の年齢に応じて様々な困難があると思います。
今迄のその犬の癖,身に付いた習慣を矯正する事になるのです。
里親にとってその犬の悪癖は,大きなストレスかも解りません。が,
矯正される犬にとっても大きなストレスだと思うのです。

そのような犬を里親として引き受けるとき,
それら(犬の本能,性格,里子として来るまでの悪癖,)全てを,引き受ける覚悟が必要と思います。
柴犬はとても賢い犬です。学習能力の高い犬でもあります。

毎日,少しずつ,少しずつお互いが無理をせず,
諦めぬ心で根気よく教えていくことで,必ずしやよい家庭犬となることを信じます。

http://www5.ocn.ne.jp/~salbia22/collection18.html

http://www5.ocn.ne.jp/~salbia22/collection8.html

↑のURLは,我が家の里子犬の記録ですが,
此処へ辿りつくまでに6年という年月を要しました。
今から思えば,初めから他の犬と一緒に室内犬にしていれば,
もっと早い時期に現在の,誰からも好かれる犬に変身していた事と思っています。





inserted by FC2 system