猫は人間にとっては暗い場所でも多少の光さえあれば物が見える。
猫は月明かりがあれば,夜中でも狩りをするのにも困らないし,
猫が暗闇でも昼間のような視力を持つ事が出来るのは,
眼の網膜の下にあるタペタムという組織が関係しているのです。
瞳孔から入ってきた光が網膜に焦点を結び像を映し出すのですが,
この網膜の下にあるタペタムは反射板のような役割をしており,
一度網膜を通り過ぎた光を,再び,網膜に送り返しているのです。
それによって,僅かな光でも二度利用できる事によって猫は暗くてもよく見えます。
inserted by FC2 system