2007/4/18 10:47:23

  リードを緩く弛む程度の長さで持ち,
歩き出して引っ張ると「待て」をさせて立ち止まらせて,
再び歩き出して引っ張ると「待て」をさせて暫く落ち着かせます。
犬が引っ張るということは先へ行きたいという興奮状態にあるので,
「待て」をさせて停止をさせる事によって興奮状態を解きます。
そして,再び歩き出します。
これらを積み重ねる事によって,たとえ長い日が掛かったとしても,
必ず飼い主の歩調に合わせて歩く事が出来るようになります。

犬は訓練をして「良い仔」になるのではなくて,
日々の積み重ねから様々な事柄を学習して,
飼い主が望む事。自分(犬)に伝えたい事が何かということを学んで,
「良い仔」になるのです。
訓練士の指導を受けたその事を日常の生活の中で復習しなければ,
訓練を受ける意味がないように思います。
単発的に○○が出来れば良いのではなくて,良い家庭犬というのは。
社会に迷惑を掛けない犬,飼い主の支持に従うことの出来る犬だと思います。

犬のしつけを成功させる一番の条件は,
「双方(飼い主,犬)が楽しみながら。。。」
これが大前提にあると思います。

inserted by FC2 system