回答日時: 2007/3/26 15:54 編集日時: 2007/3/27 07:03:34

シェットランドシープドッグの名前が出ていたので,シェットランドシープドッグについて一言だけ。

私は仔犬から迎えて11頭のシェットランドシープドッグを育てましたが,
その何れも・・・・。其々に個性の違い,学習能力の違いはあっても,
まず,シェットランドシープドッグらしい素晴らしさを発揮するのが,
3歳を過ぎてから。。。。それまでに飼い主との信頼関係の確立と,
其々の家庭環境,地域環境を学ばせる事が必須条件に入ります。

シェットランドシープドッグは,吠えて飼い主の指示に従って
仕事をして来た犬であるという事を忘れてはなりません。
我が家に居る犬,居た犬何れも吠える事は許すが,
吠えてはならない時には必ず「制止」する事が出来ます。
それには3歳までに,家のルール,地域のルールを学ばせる必要が在ります。
シェットランドシープドッグは学習能力が高く,
教えた事を理解するのは早いですが,教えた事を「覚えた」という事と,
「身に付けた」という事には大きな違いがあり,
教えて理解した事を3年間,繰り返し身に付くまで教え続ける必要があります。

シェットランドシープドッグとは,飼い主の指示を待ち,
飼い主が自分に何を望み,何を伝えたいのかを,自分で考え,理解する事の出来る犬なのです。
飼い主と共に在る事を喜び,飼い主と共に仕事をする事を喜ぶ犬なのです。
それはたぶん,ハーデイングタイプの犬に共通している事と思うのですが,
留守がちであるということは,その犬が望む一番大切な事を「抜き」にして飼育する事と同じになります。
という事は,犬は自分の日々の生活から,自由に自分の楽しい方法を探して,
自由に生活をする事になります。その第一が「吠える」という事に繋がるのではないでしょうか。
シェットランドシープドッグは「無駄吠え」が欠点と言われますが,とんでもない事です。
シェットランドシープドッグの吠える声は,全て犬からの言葉であり,メッセージなのです。
その事を理解できない人に,シェットランドシープドッグを安易に飼育して欲しくない。。。

それが,正直な気持ちです。

追伸:室内で,最高14頭の犬と生活をしましたが,小さな純日本家屋ですので,
   犬と生活をするのに室内飼育が難しいというより,シェルティの性格からすると,室内飼育が望ましいですよ。

留守についての補足 ************************************

留守が多い事が好ましくない理由として私個人の考えですので,
必ずしも正しいという事ではない事を胸に留めてくださいね。

1,仔犬は一日に3〜4回の食事が必要である事。
2,排尿,排便の回数が多いので,トイレの躾をする為には,
    常に傍に居てトイレのリズム等を把握して誘導する必要がある事。
3,犬を家族に迎え入れた時から,その家のルール。
    犬がしても良い事。悪い事を教えていく必要がある事。


主にこのような理由があるのですが,
留守(家人が居ても世話・相手をしなければ留守も同等と考えます。)の間は,
これらの事を教えていく事が出来ない為に,

1,トイレが出来ない。覚えない。
2,家に来て間もないのに,下痢ばかりする。体調が悪い。
3,吠えて煩い・・・時には近所から苦情も来る場合もある。
  吠える事に対する「制止」を教えるのは,吠える直前に制止する事がもっとも効果的なので,
  留守が長ければ長いほど,吠えないように教える事は難しくなる。
  
よくある質問に,このような事が言われますが,
仔犬の胃腸は,一日に必要な量を纏めて摂取して消化吸収できるほど発達していません。
その為に3〜4回に分けて与えるのですが,それを2回に纏めて与えると,
必ずしもそうであるのではありませんが,下痢や体調不良を起こす事が多くなります。また,
どのような犬であっても,初めから「良い仔」な事はなく,
それぞれの家庭に於いて,それぞれの家庭に必要な事を教え,学ばせた結果,
「良い仔」になるのです。と言っても,何もしなくても「良い仔」も勿論いますが,
それはその仔が持っている性格の良さでしかありません。
吠える事については,吠える事が少ない犬種を選べば,問題も少ないですが。。。。

inserted by FC2 system