☆非閉塞性胆嚢疾患
  非閉塞性胆嚢疾患とは、胆汁の通過障害によって起こる疫病以外の胆嚢ならびに胆道系の疫病をいう。
  ◇原因
 1.胆嚢ならびに胆道系の破裂
    胆嚢破裂の主な原因は@交通事故や落下など、外的圧力によるもの。(鈍傷)A銃弾やナイフなどに
よる鋭利な創傷。B肝生検あるいは開腹時の触診などによって起こった医原生のもの。C結石,炎症,
あるいは腫瘍形成などに続発して起こったもの。D胆道系の破裂は、総胆管,肝管,胆嚢管などでも起こる。
(まれ)たとえば、ヒトでは、すでに胆嚢切開術を行った患者に報告されている。
 2.胆嚢ならびに胆道系の炎症
    胆嚢炎ならびに胆道系の炎症は、初期に発見されにくいため慢性経過をたどることが多い。
    そのための過程においてさまざまな疫病が起こる。
     1)胆嚢炎
       さまざまな細菌の感染により生じる。腸管から総胆管経由で細菌が逆行するかあるいは、
           血行性に転移してくる。
     2)胆管炎ならびに胆管肝炎
       細菌により肝臓内胆管系の感染により生じる。猫に起こりやすいが、犬でも起こる。
            E.coliが最も多い。
     3)壊疸性胆嚢炎 
       細菌の感染により胆嚢壁が障害を受けることにより生じる。結果的に胆汁が腹腔内に漏れる。
     4)気腫性胆嚢炎
        胆嚢にガス産生菌が感染した場合に起こる。
     5)胆汁性腹膜炎
        胆嚢破裂などにより胆汁が漏出することにより続発性に起こる。初期では胆汁の刺激よる無菌         
        性の炎症を呈するが、無菌性の胆嚢炎などから続発した場合は、細菌性の腹膜炎などを呈する。
  
     ☆黄疸    
  血液中にビリルビンが正常範囲以上に増加し、皮膚,粘膜,その他の組織あるいは体液が黄染する状態。
種々の疾患,特に肝臓および胆道疾患ならびに溶血性疾患に随伴する症状である。
 
 
     ☆肝性脳症  
肝性脳症は、胃腸管内で産生される種々の毒性物質(アンモニア,メルカプタン,短鎖
脂肪酸,?アミノ酪酸,インドール,アミン類など)の解毒が重度の肝障害で不完全となり、
またこれに肝障害自体による代謝異常も加わって、複雑多彩な中枢神経症状を示す
病態をいう。
原因
 1.先天性異常
    1)先天性門脈異常:犬では、肝性脳症の最も普通の原因。現在までに5つのタイ
      プが確認されている。多くは若齡犬に発症。
      a)大型犬:大きな1本の肝内シャントが多い。(28%)
        ドーベルマン・ピンシェル,ゴールデン・レトリーバー,ラブラドール・レトリーバ
        ー,アイリッシュ・セッター,サモエード,アイリッシュ・ウルフハウンドなど。
      b)小型犬:1本の大きな肝外シャントが門脈と後大動脈の間(45%),あるいは
        門脈と奇静脈との間(5%)に形成されることが多い。
        ミニチュア・シュナウザー,ミニチュア・プードル,ヨークシャー・テリア,
        ダックス・フントなど。    
 
    ☆膵外分泌不全 
  膵外分泌不全(EPI)とは進行性の膵腺細胞の喪失に基づく膵消化酵素の産生(膵外分泌)不良によって
最終的に引き起こされる消化管での吸収不全と定義される。膵予備能力から考えると膵臓の大部分が
失われないとEPIは引き起こされず、脂肪便(steatorrhea)や窒素便(azotorrhea)は膵分泌能力の
85〜90%以上が失われないと発症しない。犬で膵外分泌組織が重度に失われる最も一般的な原因は
膵腺房萎縮(pancreatic acinar atrophy;PAA)である。実験的には犬で膵外分泌を除外した場合、
それで も摂取した蛋白質の63%,脂肪の84%を吸収できるとされており、この残余している酵素活性は
おそらく舌または胃リパーゼ,胃ペプ シンそして腸粘膜エステラーへゼとペプチダ-ゼによる。したがって
膵外分泌が重度に障害され、さらにこのような残余している消化ルー トが不十分な場合、吸収不全症が発症する。
  ◇原因
 1.膵腺房萎縮(PAA)
    大型犬種に多く、特に若いジャーマン・シェパードにみられることが多い。
 2.慢性膵炎
    高齢犬にみられる。糖尿病を合併していることがある。
    老齢犬での発症が一般的。
 3.遺伝性,先天性.その他。                                              
 
     ☆膵腫瘍  
 膵臓の腺癌は、腺房または膵管細胞由来のもので、どちらも発生はまれである。膵癌はエアデ-ル・テリアで、
他の犬種に比べ多く発生しているようである。膵癌の場合、通常、悪性度は高く、しばしば十二指腸,肝臓,
リンパ節などへの転移 がみられる。
 

             
犬の診療最前線・interzoo より 

inserted by FC2 system P