1.食欲・下痢
  (1)正常                                     1
  (2)異常に食べたがるが下痢もする                    2
  (3)異常に食べて、下痢をしたりしなかったりする            5
  (4)異常に食べるがほとんど下痢をしない                 7
  (5)異常に何をどれだけ食べても下痢をしない              9
*************************************************************************
2.生活リズム
  (1)正常(昼は起きていて夜は眠る)                    1
  (2)昼の活動が少なくなり、夜も昼も眠る                 2
  (3)昼も夜も眠っていることが多くなった                  3
  (4)昼も食事以外は死んだように眠って,夜中から明け方に
     突然起きて動き回る。飼い主による制止がある程度可能     4
  (5)上記の状態を人が制止することが不可能な状態          5
*************************************************************************
3.後退行動(方向転換)
  (1)正常                                     1
  (2)狭い所に入りたがり、進めなくなると何とか後退する       3
  (3)狭い所にはいると全く後退できない                  6
  (4)(3)の状態ではあるが、部屋の直角コーナーでは転換できる 10
  (5)(4)の状態で、部屋の直角コーナーでも転換できない     15
*************************************************************************
4.歩行状態
  (1)正常                                     1
  (2)一定方向にふらふら歩き、不正運動になる             3
  (3)一定方向にのみふらふら歩き、旋回運動(大円運動)になる   5
  (4)旋回運動(小円運動)をする                      7
  (5)自分中心の旋回運動になる                      9
*************************************************************************
5.排泄状態
  (1)正常                                     1
  (2)排泄場所を時々間違える                        2
  (3)所構わず排泄する                            3
 
  (4)失禁する                                  4
  (5)寝ていても排泄してしまう(垂れ流し状態)              5
*************************************************************************
6.感覚器異常
  (1)正常                                     1
  (2)視力が低下し、耳も遠くなっている                   2
  (3)視力・聴力が明らかに低下し、何にでも鼻を持っていく       3
  (4)聴力がほとんど消失し、臭いを異常に、かつ頻繁に嗅ぐ      4
  (5)嗅覚のみが異常に過敏になっている                  6
*************************************************************************
7.姿勢
(1)正常                                        1
(2)尾と頭部が下がっているが、ほぼ正常な起立姿勢をとることができる  2   
(3)尾と頭部が下がり、起立姿勢をとれるがアンバランスで ふらふらする 3 
(4)持続的にぼーっと起立していることがある                  5
(5)異常な姿勢で寝ていることがある                       7
**************************************************************************
8.鳴き声
  (1)正常                                    1
  (2)鳴き声が単調になる                           3
  (3)鳴き声が単調で、大きな声を出す                   7
  (4)真夜中から明け方の定まった時間に突然泣き出すが
         <ある程度制止可能                      8  
  (5)(4)と同様であたかも何かがいるように泣き出し
           <全く制止できない                    17
***************************************************************************
9.感情表出
  (1)正常                                      1
  (2)他人および動物に対して、何となく反応が鈍い             3
  (3)他人および動物に対して反応しない                   5
  (4)(3)の状態で飼い主にのみかろうじて反応を示す          10
  (5)(3)の状態で飼い主にも全く反応がない                15
*************************************************************************
10.習慣行動
  (1)正常                                     1
  (2)学習した行動あるいは習慣行動が一過性に消失する        3
  (3)学習した行動あるいは習慣行動が部分的に持続消失している   6
  (4)学習した行動あるいは習慣行動がほとんど消失している      10
  (5)学習した行動あるいは習慣行動がすべて消失している       12
**************************************************************************
     ↑の10項目に対して、当てはまるものの点数を合計します。
総合点   30点以上        老犬
      31点以上49点以下   痴呆予備軍
      50点以上        痴呆犬
*************************************************************************
  1,夜中に意味も無く単調な大きな声で鳴き出し,
  静止させても鳴き止まない。
2,歩行は前にのみとぼとぼと歩き,円を描くように
   歩く。
3,狭い所に入りたがり,自分で後退出来なく鳴く。
4,飼い主,自分の名前,習慣行動が分からなく
     なり,何事にも無反応になる。
5,よく寝て,よく食べて,下痢もせず,痩せて来る。
****************************************************************************
      年齢が13歳以上の場合,
   この5項目中2項目以上当てはまると,
        痴呆が疑われる。 
 

家族として長く生活を共にして来た犬であり,命尽きる瞬間まで世話をしてあげたい。誰しも その思いは同じ筈。しかし,
痴呆の犬の世話をする事は,飼い主にとって大変な肉体的,精神的労力が必要です。痴呆の犬の問題行動の一番困るの
が「夜鳴き」です。飼い主だけではなく御近所にも迷惑が及ぶ事によって飼い主の精神的ダメージは倍増します。又,時として
前進行動しか出来なくて,行き止まりになると泣き続けるという事もあります。この様な時には円形の囲いを作りその中に犬を
入れると良いと思います。円形の部屋であれば角がないので,行き止まりで止まる事も無く疲れたら眠りにつくでしょうし,
それによる吠え声も減るのではないでしょうか。ぼけてきたから黙らせるのではなく、ぼけを予防したり、進行を抑えながら
最後まで一緒に生活していく事を考えましょう。たくさんの楽しみをくれた犬に、最後まで人がせいいっぱい尽くしてやりましょう。
          見守ってやりましょう。
  終えようとする命を見詰める事が犬にとっても,そして,人にとっても,意味のある事と信じます。 

inserted by FC2 system