☆大動脈狭窄症 
  大動脈狭窄症(AS)は左室流出路の狭窄で、弁上性,弁性,弁下性に分類される。中でも大動脈弁
直下に線維論が形成されて起こる弁下性狭窄が最も多い。ニューファンドランド,ボクサー,
ジャーマン・シェパードなどの大型犬によくみられるが、近年ゴールデン・レトリーバーにおける報告例が多い。
   ◇血行動態
  左心室には狭窄の程度に比例した圧負荷がかかり、求心性に肥大する。肥大が進行すると左心室は
拡張不全を起こし、心拍出量は低下する。また、心筋肥大に伴う虚血や不整脈が発生しやすくなる。      
      ☆ファロー四徴症
  ファロ-四徴症(TF)は、肺動脈狭窄症,心室中隔欠損,大動脈騎乗,右心室肥大によって構成される。
本症は発生段階において円錐中隔が前方に偏位することにより、心円錐部の分割が均等にならなかった
ことにより発生する。肺動脈狭窄と心室中隔欠損の2つの心奇形が本質的なもので、大動脈騎乗と右心室肥大
は二次的に生じたものである。本症はチアノーゼ性心疾患の代表的なものである。
   ◇血行動態
 右室流出路に狭窄があり大きな心室中隔欠損があるため、純型の肺動脈狭窄症と異なり右心室圧は
左心室圧より高くならず、ほぼ両心室圧は等しくなる。肺動脈狭窄の程度が重いほど肺血管流量は減少し、
右- 左短絡が優位となりチアノーゼがみられるようになる。 
 
     ☆アイゼンメンゲル症候群
  左-右短絡量の多い先天性心疾患(心室中隔欠損症:ASD,動脈管開存症:PDA)で、はじめは
左-右短絡であったが肺血管抵抗の上昇による肺高血圧が生じ、序々に右-左短絡に変化した状態をいう。
ファロ-四徴症とともにチアノーゼが発現する代表的な症候群である。
  ◇血行動態
 血行動態が両短絡性、または右-左短絡になる前に必ず多量の左-右短絡の時期がある。左心系には
圧負荷が加わる。VSDやPDAに多くみられ、欠損孔が大きいほど頻度は高く肺動脈病変は早期に進行する。
肺 動脈の変化は初期には肺動脈の中膜筋層の肥厚がみられ、さらに進行すると内膜の細胞性増殖が線維化し、
その結果、肺血管閉塞性病変が出現する。
 
      ☆僧帽弁閉鎖不全症 
  僧帽弁閉鎖不全症(MI)または僧帽弁逆流(mitral regurgitation;MR)とは、僧帽弁複合体
(弁尖,腱索,乳頭筋,弁輪,左心房および左心室)のいずれか1つ、あるいは複数に障害が起きたため
僧帽弁の閉鎖機構が正常に働かず、左室収縮期に血液が左心室から左心房逆流が起こる病態である。
好発犬は小型犬,特にマルチーズに発生頻度が高く、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは特異的に
若齡でも発生頻度が高いと報告されている。  
 

      ☆三尖弁閉鎖不全症  
  三尖弁閉鎖不全症(TR)は三尖弁が機能的に障害を受け、右心室が肺動脈へ血液を駆出する際に
右心房へ逆流する病態を示す。
  ◇原因
 1.先天性の弁の異常
   1)Ebstein奇形(異常な三尖弁の右心室側への偏位)
   2)三尖弁の形成異常
   3)心内膜床欠損症
 2.後天性の弁の異常
   1)弁尖,腱索の粘液腫様変性
   2)僧帽弁閉鎖不全症からの波及
   3)フィラリア症による肺高血圧症や虫体の弁へのコイルラウンド
   4)拡張型心筋症
   5)動脈管開存症や心室中隔欠損症など左-右短絡からの二次的なう心系への波及  
 

        
 犬の診療最前線・interzoo より            

inserted by FC2 system