☆犬パルボウィルス感染症                                                
  犬パルボウィルスが経口感染する事により発病します。激しい下痢,嘔吐を起こし,食欲がなくなり
衰弱していきます。(腸炎型)。また,子犬に対して突然死を起こす事もあります。(心筋 型)。感染犬の
便中には大量のウィルスが排泄され感染源となります。伝染力が強く,犬ジステンバーと並んで子犬
にとって死亡率の高い恐ろしい伝染病です。
☆犬ジステンバー
    犬ジステンバーウィルスの感染によって発病します。このウィルスは感染犬の鼻水,目やに,
尿などに含まれます。症状はくしゃみ,鼻水,目やになどが出て,発熱,下痢,鼻炎,結膜炎,呼吸器
および消化器障害を示し,神経症状を起こす事もあります。犬パルボウィルス感染症と同様に,特に
子犬では死亡率の高い伝染病として恐れられています。
☆犬パラインフルエンザウィルス感染症
  犬パラインフルエンザウィルスは「kennel cough (ケンネルコフ;犬の呼吸噐症候群)」の
原因の1つです。咳,鼻水などの呼吸器症状(風邪の症状)を示します。感染犬は咳などでウィルスを
撒き散らします。混合感染や二次感染を起こすと重篤になります。
☆  犬伝染性喉頭気管炎(犬アデノウィルス2型感染症)
  犬アデノウィルス2型は犬パラインフルエンザウィルスと同様に「kennel coough」の原因の1つで,
咳を主な症状とする 呼吸噐系疾患を起こします。特に,他のウィルスや細菌と混合感染する事により,
症状が重篤になります。
☆犬伝染性肝炎
   犬伝染性喉頭気管炎と同様に犬アデノウィルス(T型)の感染によります。感染犬の便,尿,
唾液などから経口感染します。下痢,嘔吐,食欲不振などを示し,肝炎を起こします。
☆ 犬レプトスピラ病(カニコーラ型/イクテクロヘモラジー型)
    レプトスピラという細菌が原因の伝染病で,感染動物の尿中に細菌が排泄され環境を汚染し
感染源となります。症状は尿毒症,腎炎などを起こす場合(カニコーラ型)と,黄疸などの症状を起こす
場合(イクテクロヘモラジー型)があります。ヒトにも感染する人畜共通感染症の1つです。 
 


  狂犬病も含め伝染病はとても怖い疾患です。予防できるものは飼い主の責任として,
愛する家族の為に出来得る限りの事をしたいと望みます。しかし,ワクチン接種をするに当たって,
犬の健康状態をよくみなければなりません。体力の低下,免疫力の低下を起こしている時は、
返って危険ではないかと思います。また,ワクチン接種をしているから,決して伝染病に
罹患しないとも限りません。罹患しても軽い症状で済む場合。全体的にみれば
低い確率なのでしょうが,重い症状を引き起こす場合がないとはいいきれません。
自分の家族に何を選択するのか。それは飼い主が決める事です。 
 

inserted by FC2 system