“ お母さんが,怒らなきゃあそれでいいのさ! ”
        “ ばれなきゃあ,それでいいのさ ♪ ”


1,台所でSalbiaがSandwichを作っていた。日曜日の朝食の為に,,,。
  エッグサンドウィッチ,,?,あれ?,,,右目の端っこにチラッと写ったものは,,,。
   食パンがすす〜,,,と,動いていく。。。
  「こらぁ!!」  Bellの口がパンを挟んで持っていこうとしていた。。。

2,翌 日曜日,隆さんが起きてきて,昨夜作っていたサンドウィッチを,どうぞ,,と。
   Salbiaがお皿をテーブルにおいて,外へ出て2分もするかしないかで中へ
   はいって来た,隆さんが「一枚パンを食べた?」と質問をする。
   「えっ?,食べていないよ」って,,,,ううぅぅ,,ちょっと,眼を放した隙にBellが,,,。
    
3,台所で朝食の準備をしていて,ちょっと後ろを振り向いた隙に,お箸が消えてしまった。
   「こらぁ,,!!」,,大きな声を張り上げるとBellがいそいそとお箸を咥えて,,,。
    それこそ全く悪ぶれる風もなく,嬉しそうな,軽やかな足取りで去っていく姿,,,。

4,ピンポーン,,,あっ,お客様だ。。。お母さんは玄関へ去っていく。
  さぁ,,,今の間だ。。。お母さんが戻ってきた。あれ?,,コーヒーがなくなっている。 
      わたし,し〜らないっと。(Bellの心の声)
  
5, Salbiaがかす汁をする為に冷凍室から薄あげを出して,ここならBellも届かないだろう。。。と,
   解凍する為に,だして置く。Salbiaが外へ出たり入ったり,,ウロウロしている間に,
    薄あげの事をすっかり忘れてしまっていた。
    お大根を切り始めてやっと,薄あげの事を思い出した?
    あれっ?,,,,おあげ・おあげ,,,と,何処を探しても見当たらない。
  またしても,Bellに食べられてしまっている。

6,Salbiaお得意の,質より量。お徳用の大きな袋入りのおかき。
   新しい袋を開けて少しだけ食べて,上を口を折り曲げて,テーブルの上において,
   色々と雑用を片付けて,出たり入ったりを繰り返して,,,外から中へ入ってくると,
   「わぁお〜!!※△◆:@▲’?▼〜▲X?仝■????〆?!!!!!X
    部屋の中が何かが破裂したような散らかりよう,,,。
   ん?,,,これは,おかき,,,。ううぅぅぅ,,,さ・て・は。。。
   てんてんと続くおかきのかけらの道筋をたどって行き先には,おかきの袋が,空っぽになった袋があった。
   きっと,Bellが袋をとっておかきが毀れたところへ皆が一斉におかきに飛びついた。
   ,,,いや,,,くらいついた。。と言ったほうが正解だろう。。。

7,土鍋で鍋焼きうどんを作った。少々残ってしまったので,翌日のSalbiaの昼食にでもしようとお鍋を変えて,
    その場を離れた。  “ ガチャン ” 音に振り向くとMilkyの首筋,バンブーの頭に,コッテリと煮詰めた
     おうどんと野菜が,,,,,。うぅぅ,,,最悪。

8,稲荷すしを作ろうと薄上げを下ごしらえしてお鍋に入れてその場を離れて,“ ガチャン ” その音に振り返る
     と,Salbiaの直ぐ後ろで,戦利品の薄上げを2枚咥えて口の両横に垂らして飄々として歩くBellがいた。

     ※ Bellの堂々とした悪びれない行動は,こんなのは序の口。甘やかせて育てると
          この様になるといういい見本だ。


          “ おかあさんは自分が怒っている事を,直ぐに忘れるから,,,”


1,テーブルの上にあるお皿を舐めようとしているBell。
  テーブルの上にあるお菓子を持っていこうとしているBell。
   「こらぁ!!」Salbiaに叱られて,,
   テーブルをグルッと一周して来て,同じ事を繰り返すBell。
 
2,何度,叱っても,叱っても同じ事を繰り返すBell。
   今日は許さぬ。もう,思いっきりボコボコに痛めつけて,二度と繰り返さないように,
   絶対に許さぬと痛めつけて,叱り付けて,もうこれで当分はしないだろうと,許した。
  1階の部屋をグルゥ〜ッと,大きく回ってきて,Salbiaの前で座って,
    「お母さん,,,」って,思いっきり甘えた顔をするBell。
   そして,初めから何も無かったかのように,同じ事を繰り返すBell。
 
 
      Napoleonの辞書には,「不可能」という言葉が無かったらしい。
      Bellの辞書には,「反省」という言葉がないようだ。
       学習力は,カチュア並に良さそうなのだけれど。
inserted by FC2 system