命・命・命在りき 2003,9,30
  夕べ29日のニュースの中で5分ほど,,悪質な繁殖者による
  仔犬達の悲惨な状態のトピックスをしていた。
   
Sarubiaが通院している歯科で聞いた話。
その奥さんの家には以前犬がいたとか。11歳まで元気。
ところが或る日急に寝たきりの状態に。。。寝たきりになってから
10〜12日後に,何時の間にか無くなっているのを確認。
その寝たきりになった時に病院へ行ったの?  と,尋ねると,,,
  ううん,もう11歳だし,
      もう年寄りだし,,
      もうこんなに長生きしたから,いいっかぁ。。。
  そう想って病院には連れて行かなかったと,,,
寝たきりになってから額部分に小さな瘤らしきものが出来てきて,
  しかも,その瘤は何時も「グジュグジュ」している状態だったと,
 それで病院へ連れて行ったの?    と,尋ねると,
    ううん,もう11歳だし,
      もう年寄りだし,,
      もうこんなに長生きしたから,いいっかぁ。。。
と,同じ答えが返ってきた。Sarubiaは少し気分が悪くなってきた。
時期が寒い冬だったので,可愛そうだから玄関の中で寝かせると,
  もう,とても臭いにおいがして堪らなくて,鼻を摘んで側を通り抜けていたと。
瘤がグジュグジュしているからその臭いだったのではないの?   と,尋ねると
   ううん,きっとあれは死臭だったのでしょうねぇ。。。
        瘤は小さなものだったから,臭うほどできなかったもの。。。と,
それで病院へ連れて行ったの?   と,尋ねると,
   ううん,もう11歳だし,
      もう年寄りだし,,
      もうこんなに長生きしたから,いいっかぁ。。。
と,三度同じ答えがとても楽しそうに明るい笑顔で返ってきた。
  
  Sarubiaはもう,爆発寸前。
人の性格にも種々ある事は承知しているけれど,,,,いるけれど。
   犬の命を何と心得ているのでしょうか。
   日々を犬と接していて,犬の心を感じ取る事すらないのでしょうか。

その歯科を出た瞬間にけたたましいサイレンの音。
救急車でもない。パトカーでもない。Sarubiaの横を通り過ぎていった車の横には
「レスキュー」と大きく書かれてあった。次に救急車,又次に消防車が・・通り過ぎた。
暫くバイクで走っていると,とあるマンション前に止まっているそれぞれの車。
沢山の人だかりの横でバイクを止めたSarubiaは,1人の人に尋ねてみると,
このマンションの405号室でガス洩れがあった事を教えてくれた。
    ガス洩れで,レスキュー?  
          消防車????
犬の命であれば,ここまで人は助けてくれるのだろうか。
   犬の命・人の命・・・命としては同じ重みではないのか!!???


      


             

26日の詳細(カチュア・クリス) 2003,9,27
03’9/26(金),造影剤によるレントゲン検査を受ける。
   通常の椎間板ヘルニアの場合は,圧迫を受けている椎間部のみ脊髄への圧迫が
  認められるのが,カチュアの場合は,第3腰椎から第5腰椎部全体に脊髄への
  圧迫がみられる為に,脊髄内に腫瘍細胞組織のある可能性がある。
 
  頭頂部の腫瘍を摘出,病理検査に出す。

03’9/26(金),
 1,手術前に内視鏡にて患部を確認したところ,
     a,咽頭鼻部(鼻の裏側)に白色部分があった事。
     b,鼻腔が片方しか確認出来ない事。
 2,鼻孔からカテーテルを通してみると,
     左側は咽頭まで通過をしたが,
     右側は咽頭まで通過せず,途中にて止まってしまう。
      (途中で止まってしまうと言う事は,何らかの細胞組織の存在の可能性がある。)
   このカテーテルに付着した細胞を染色してみると,
     a,炎症細胞はなかった。(原因が炎症にあったとしても,多種の抗生物質を
        長期に服用している事によって,炎症細胞が認められない事は考えられる。)
     b,リンパ球と上皮細胞が確認された。
  もしこの細胞が腫瘍であれば,患部を開く意味が無くなってしまう。
   (腫瘍を取り除こうとしても鼻部全体に広がっている細胞は取りきれるものではない。)
この鼻部の状態を更に確認する為に,CTを取りに行く。
  右鼻腔内に骨溶解が認められる。その原因として,
     慢性の炎症の可能性。
     腫瘍の可能性が考えられる。
スルーカット・バイオプシーをして,組織細胞を採取。細胞を病理検査に出す。

   ※ バイオプシー
生体組織の一部を切除して病理組織学的診断をつける事。
  1,病巣を直接露出して行う開放生検。
  2,針を用いて肝や腎などの体内臓器を穿刺して組織を採取する針生検。
  3,管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取する鉗子生検。
  4,粘膜を膨隆させることによって粘膜病変を広めに切除採取するストリップバイオプシー
バイオプシーにもこのような色々な方法がある。

カチュアとクリス 2003,9,26
やっと帰って来てPCの前に座ったとこ(03’9/27A:M02:00)です。

クリスの手術をしているものとばかり想っていたら,
多くの獣医師と一緒に外から「唯今」って帰って来たの。
病院の玄関を開けて中へ入って。応援の先生は
そのまま帰られて,少し説明をしてくださったのだけれど,
なぁ〜〜んにも記憶に残っていない。残っているのは,

手術の応援の先生との話し合いで,手術はしても無理であろうとの決断。
別の獣医師に相談。話し合った結果,CTを取りに行っていたとの事。
CTの結果,炎症は見られないが,それは薬の効果によるものの可能性。
扁平上皮癌(進行性の悪性腫瘍)の可能性。
この疾患だった場合,とても厄介な事になる。
CTと共に内視鏡でも検査をして,細胞を採取して病理検査に出すとの事。

それにしても今日は大変だった。
2頭の手術と,昨年からの諸々の事でSarubiaの疲労も限界でとうとう
Sarubiaの歯痛の我慢も限界となり,歯科医に行ったが,
総走行距離100k,50歳過ぎて50t
バイクで100k走るというのは,これも限界かも。

    扁平上皮癌:放射線・抗がん剤・術後の経過は不良。
皮膚や粘膜をつくる扁平上皮の悪性増殖。
太陽光線による障害,もしくは慢性の炎症等が腫瘍化の引き金になる。
老犬に多く発現し犬の好発部位は肢端,陰嚢,鼻,肢,肛門などの部位で盛り上がるような
増殖性の病変またはびらん性病変が作られる。局所での浸潤性は強い。

  上皮とは,動物の体の外表面あるいは体腔,諸臓器の内面を覆う細胞層の事で,
上皮には血管はみられず各細胞が集団をなし密に連なり合っており,下面の結合組織
との間には基底膜が介在している.皮膚ないし粘膜の表面を被覆しているものを被覆蓋上皮,
腺管部の実質細胞を構成するものを腺上皮という。
  付属する構成物によって線(繊)毛上皮色素上皮とも呼ばれている。

※ 良性ならともかく悪性であり,Sheltieに多い疾患である事が気になる。
    カチュアはかちゅあで検査の結果,脊髄に腫瘍化している細胞の可能性があるらしい。



自己嫌悪 2003,9,25
Sarubiaってどうして,こんなにお節介なんだろう。。。
自分の事でいっぱい,いっぱいなのに。。
自分の体調すら思わしくないのに。。。
本当に自分で自分が嫌になってしまう。

こんな時は,独りで静かにしておくに限るさ!!
何時まで続くか解からんけど・・・。

   *******************

自分のお節介な馬鹿さ加減に嫌気が指して自分に落ち込んでいる時に,
仏様はSarubiaに素敵なプレゼントを下さった。
妙見山の作詞者のKさんが態々,知人に尋ねながら「姫路からの帰り道なので」と言って
尋ねてくださった。落ち込んで暗い気持ちだった自分がとても明るくなった。
人間って幸せな生き物なのね。
こんなにもちっぽけな事でも幸せな気持ちになれるの。
自分のしたお節介が恥ずかしくって,人に合わせる顔がないと,
悲しくって悲しくって仕方がなかったのに。
今ではこんなにも幸せ!!

著作権 2003,9,24
文章・画像・写真・楽譜・・・etc.
全てのものに著作権なるものが存在する事は知ってはいたが,
この度自分のHPに動画の挿入する方法を知ることが出来て,
嬉しくってその動画に音楽を吹き込ませて,自分のオリジナルとしたいと想ったが。
著作権協会のHPの一文に

4小節以内あるいは15秒以内なら、JASRACへの手続きがいらないというのは全くの
誤解です。短いフレーズでも、他人の著作物を利用することに変わりはありませんので、
雑誌への掲載、ビデオへの録音など利用方法に応じ手続きをしていただく必要があります。

*****************
このように明記されてある。タイトルだけであるならば,著作権法上の著作物ではないので,
問題はないらしい。動画による音楽については,

動画を伴う音楽配信は、現在許諾手続きを進められないご利用形態となっております。
動画を伴う場合はJASRAC管理楽曲のご利用はお控えいただきますようお願いいたします。

************
このように明記されている。ふむふむ,,,これはTopの動画を早急に変更しなければ。
著作権協会は常にNET上でもチェックをしているらしいし,小さな個人合唱団であっても,
コンサートを開いた場合,楽譜について請求書を必ず送りつけてくるらしい。
合唱団が誠実に届ける場合もあるのだろうが,届けなくても会場にコンサートのある
場合は,著作権協会へどのような音楽を歌うのかを報告するように指示を出しているとか。
それが年々に厳しくなってきているらしい。これに違反をした場合は,

著作権法には、著作権を侵害した場合、「3年以下の懲役、又は300万円以下の罰金」
という罰則規定があります(法人の場合の罰金は1億円以下です)。また、著作権者には
著作権侵害に対する差止請求権や損害賠償請求権があります。

*******************
このような罰則規定がある。

新車! 2003,9,22
新しいバイク来る!
前と同じ型というが,型は同じでも形が全然違う。
    新印象・・・・ぶっ細工!!!
    初乗り心地・・・こわぁ〜〜〜!!!

隆さん曰く,始めは余りSPEEDも出さずに慣らし運転をして
優しく乗って徐々にSarubiaの行動にあわせていくと,
バイクの寿命もさる事ながら,バイクの故障の起き具合にも違いがあるとか・・・。
   ふむふむ・・・な〜る程!
始めは余りSPEEDも出さずに,急ブレーキをかけなければならないような走りもせず,
徐々にね〜と想いつつ,恐い怖いと想いつ余りSPEEDを出していないと
想っていたのが,ふとメーターを見てみると,50kに達している。
習慣とは怖いものだ。方向指示器の使い方が上手く出来ないで,
車両に迷惑を多々かけていると想う。指示器を戻す時にちょっと力が入ると,
反対指示になってしまう。今の一番の課題はこれだな。
まぁ〜,,,すぐに慣れる事だろう。それにしても,隆さんの言い草ったら・・・。

  自分は慣らし運転に失敗をしたので,今ではこの通り。。。なんて言うから,
最近,体調を崩しやすい自分の体の事を言っているのかと想いきや,
Sarubiaと結婚したことだって!!    プンプン!

迷惑な話。 2003,9,21
今から丁度3年前の今頃は,愛犬のHPを作ってワイワイ騒いでいる人達を
くだらない事を・・・その程度に観ていたSarubia。
HPなんてSarubiaに作る事が出来る筈ないと想っていた。
それからもうすぐ3年になる。
それでもHPに動画の挿入は決して出来ないだろうと諦めていた。
それでもHPにオリジナルのBGMを入れるなんて,不可能だと想っていた。

それが2日前の事。ビルダーのヘルプセンター(0120−558−695)に
電話をして動画の挿入について,質問をしてみると教えてくださった。
それから何度も練習をして,失敗を重ねて。。。。
未だに皆さんのような素敵に出来ないけれど。
未だに皆さんのように別窓で可愛く開く事は出来ないけれど。。。
動画の挿入が出来た。
動画に曲を吹き込んで,HPにオリジナルの曲を入れる事も出来た。


HPを創った当初は,一日に10人も訪れないようなSiteだった。
それから3年経った今では,毎日200〜300人の方が訪れて下さる。
とても嬉しく想う。と同時に全て物事に良し悪しが在るのではない。
同じものであっても,そのものを利用する人の心によって良し悪しが生じてしまうのだ。
これからも,其の事に留意してHP創りに努力をして行きたいと願う。

そんなSarubiaの頑張りを知ってか知らずか,わが息子剛はのたまう。

自分のコーラスを入れるなんて,「端迷惑な話だ!!!」と。

クリスの手術,決定 2003,9,20
03’9/26(金),
    午後,カチュアの手術をした後,夜の診察後,クリスの手術をする。
    術後クリスを連れて帰って良いのか否か,質問すると
    その時の都合にすると。。。しかし,夜,獣医師が不在時に
     クリスに異変が起きるよりも,退院してSarubiaの眼の前で
     異変があった方が良いと話すと,鼻の手術の場合は出血が多いので,
      その時の都合で主治医が病院に泊まると言ってくださった。

  何時も,何時も言いたい放題のSarubiaに,誠意を持って対応してくださる
    主治医に感謝!!

観月会 2003,9,14
久しぶりに斑鳩寺へ行って来た。
夜のお寺は初めて。。。
お昼とはまた違って,心の安まる一時だった。

カチュア,その後 2003,9,13
 レーザー治療に通院しだしてから3週間になるので,
     今後の方針を考える為に,カチュアの体内がどのような
     状態になっているのか確認する為に2週間後,9/26(金),
     造影剤によるレントゲン撮影をする事となる。

そろそろ,限界かな? 2003,9,12
昨年にクリスが体長を崩し,現在はカチュアが体長を崩して
今や一日置き,時には連日12kの道程を通院している。
昨日なんて病院から帰ってカチュアを降ろしておいてから,
休む間もなく姫路まで走ったものだから,ちょっときつかった。
こんな時はそろそろ無理の効かない年齢になってしまったなぁと,
つくづくに想う。

高齢犬が増えてくるのは,これからなのだ。
まだまだ,頑張らねば。
まだまだ,これからなのだ。

カウンター 2003,9,11
ho−企画の掲示板のカウンターって,
キリ番ありがとうの表示が出るのねん。
もう,3年ほど使っていて初めて知ったわ!

雨降らば・・・・。 2003,9,10
       一句  雨降らば・・・

   雨降らば  走り抜け行く Sheltieかな

夜中(03’9/10,A:M4:00頃)にふと眼覚めた,
強い雨音がする。台風の影響なのだろうか。とかと,台風はまだまだ
九州よりも遥か南西の方角に居たと想うのだが,,,,。
大きい台風だとは聴いていたから,その影響なのだろうか。

何だか犬達がざわめいている。どうしたのだろうか。
何かあるのだろうか。。。と,想うのも束の間の事。
寝ているSarubiaの上,足元から頭に向かって縦断していく奴がいる。
     うぎゃあ〜〜〜!!!
いきなりだったものだから,こりゃあたまらん。
ガシッと捕まえてみれば,エストであった。
体重の軽いので良かった。ふぅ〜〜。。。。


瞋りの心,怒りの心,許す心。 2003,9,8
隆さんのお努めもいよいよ大詰めに来たか。。。
何が,大詰めだって?,,,,それは村の役員になって4年。
仕事への皺寄せ,挙句に上司に言いたい放題言われ,
        村の人からは言いたい放題に言われて,
そんな様々な事に耐えて,隆さんの次に引き受けてくれる
役員を決めなければならない。そして
誰も引き受けたくないものだから,そこでまた言いたい放題言われて。

仕事から帰って直ぐに,次の役員探しに出かけた隆さん。
やれやれ,やっと帰って来た。
    「ビール,飲む?」,この一言で隆さんの声が荒くなった。
Sarubiaだって昨年から続いている家族達(犬も含めて)の不健康に
心身ともにクタクタになっている。何時ものSarubiaなら“売り言葉に買い言葉”
隆さんの洗い言葉の何倍もの荒い口調で返してしまっていた事だろう。が,
幸いにもSarubiaはこの4年間,町内の役員としてどんなに大変だったか。
この眼で見,手伝って,,,だからこそ自分もクタクタでも,
隆さんの大変さを,しんどくなる心を想いやる心を持つ事が出来た。そのお陰をもって,
 「そりゃあそうだ!,自棄酒でも飲まなやってらんないよね!」笑って返す事が出来た。

夫婦のいざこざって,多くがこの程度が原因なんじゃうないだろうか。
どちらが悪いのじゃあない。かと言ってどちらが正しいのでもない。
お互いが,お互いを想い遣る心をなくしてしまった時に
トラブルとして表面化してくるのではないだろうか。

自分の瞋り,怒り,憤りを相手にぶつけるだけは,簡単な事だ。
自分の心のままに発散させれば良い事なのだから。
では,ぶつけられた方は,どうなのだろう。
ぶつけられた方の心が健全であれば,笑って受け止める事も出来るだろう。
しかし,精神的に疲れている時は,どうなのだろう。
耐えられなくなって,心が壊れてしまわないだろうか。
逆に同じように声を荒げて応戦するのか?

Sarubiaは3年前に或る人から何度となく言われて来た言葉によって,
未だに立ち直れないでいる。
このままではいけないと,前向きに一歩を踏み出してみたけれど,
未だに立ち直れないでいる。
心が萎縮したまま心を開く事が出来なくなってしまっている。
一度閉じた心を開くのは,とても勇気がいる。
これが,夫婦であった場合,どうなるのだろう。
こんな状態の結婚生活って,しんどいよね。

瞋りを相手にぶつけるのは簡単だけれど,
相手の失敗,落ち度を許す心を持つのは,とても勇気がいる。
でも,その許す心を持つ事が出来た時,何だか人間として
少し成長出来たのかな?って,想える気がする。
Sarubiaは,何時も隆さんの心と一緒にいたい。
だから,隆さんはどんな人なのか。
何時も理解する心で接していたいと想う。
態々,許す心なんて,必要とする事がないように。

労働基準法 2003,9,6
もう,随分前に労働基準法なるものが出来たよなぁ〜〜。。。。
隆さんは職人なのでもう,結婚した時から縁のない世界だっけれど。。
薫もある意味では職人の世界であり,生き物を相手の仕事のなので,
労働基準法なるものも,少々枠にはめる事は出来ないと想っている。
そんな中で,我が家の唯一の会社員である剛でさえ,労働基準法なんて,
何処にある。。。。。の世界。
この2週間,仕事が忙しいとはいえ,眠る時間もほとんどないような
勤務時間。。。。。ロボットじゃあないんだぞ!!
         人間なんだぞ!!,,,,,,,,,,,そう叫びたい。
                            会社に文句を言いたい。
昨日03’9/5(金),寝過ごしたとはいえ,家を朝 7時に家を出て,
帰宅したのが翌朝の4時。。。。通勤時間(2時間)を外したとしても,
何処の世界にこんな勤務時間の会社があるのか。

剛が会社を辞めたいというのも,理解出来る気もする。
  会社の中は,人間の欲望の渦がまいているらしい。。。
人の裏というものを知らないで育った人間にとっては,
勤務時間以上に辛い世界なのだろう。。。

間もなく24歳を迎える剛。会社を辞めたいと言わなくなった剛。
少し大人になったのだろうか。


火星大接近 2003,9,5
カチュア,レーザー治療開始。

デジカメで火星を撮影してみた。
ふむふむ,,,。
天体観測用の双眼鏡で観てみた。
ふむふむ,,,。
写真より明るく,大きく丸みを持ち,右側に影が見られた。

案山子 2003,9,4
秋といっても,まだまだ暑い,,,。
冷夏と言いながらも何とか実りの秋になってきた。
周囲の田圃も穂が垂れて,案山子やキラキラ反射するテープが張られている。
案山子なんて昔のような可愛いのじゃあなくって,
暗がりでいきなり見ると,「ドキッ」とするような,首だけがぶら下がっていたりする。
人間は吃驚するだろうけど,果たして。。。。
雀に効果があるのだろうか。

摘まみ食い 2003,9,3
我が家の犬達は,摘まみ食いの天才が2人いる。が,それは家の中での事。
隆さんと2人で買い物に出かけた先での事。隆さんよりも先に歩いていたSarubia。
眼の前の果物コーナーの前に1人の女性が立っている。
  「あっ!,食べた!!」
何とその女性,,,,ブドウを口の中に入れた。見間違いだったのだろうか。
Sarubiaの見間違いだったのだろうか。いやぁ〜〜,,,確かに食べた。
Sarubiaはそのまま隆さんの側へ歩いていった。
   「あの人,ぶどうを一口食べた。」と,そっと耳打ちをした。
Sarubiaはそのまま買い物に戻っていった。。。。が,
隆さんはその人の動向をソッと見ていたらしい。
Sarubiaに追いついて来た隆さんは,あの人,順番に味見をしていた。。。。との事。

 オバタリアンは図々しいと言うけれど,開いた口が塞がらなかった出来事だった。

メンテナンス 2003,9,2
☆ 悩み掲示板の容量がいっぱいになって,書き込みが出来なくなってしまった。
整理をしなければならない。後日の参考になるように幾つかを保存して,
古い順番から削除すべきが,全部削除になってしまった。。。
一応,書き込みをして頂いているものの保存は済んだけれど,
肝心の「クリスの真菌症?」を保存するのを忘れていた。
グスッ。。。
折角今まで纏めて来たのに,先生にまた,迷惑をかけてしまう。
でも,これはやはり,記録しておきたいしなぁ〜〜。。。。


inserted by FC2 system