全滅から幻滅 2003,3,31
一昨日,PCの中を整理してCDに保存して保存されているのを確認した後,
全てを削除してPCの掃除をしたのはいいけれど,ショック!!
去年9月にPCをリカバリーした後から今までの全てがCDの中にないの!
もう,昨日一日中探したけれど,ないの。
どうしても保存して置きたかったもののなくなってしまった。悲しい。
OEのフォルダの中のものは,全滅・・
諦めきれないけれど。調子の悪いCDをそのままにしていたSarubiaが悪い。  

クスン。。


ドッグラン   2003,3,29
今日はとても暖かく気持ちの良いお天気だった。
クリス・milkyの心臓がきになるけれど,
皆で久しぶりに,ノーリードで遊んで来た。

タツは自分勝手な行動をする事もなく,皆と一緒に
最後まで行動を共にしていた。とても落ち着いて見えた。
Bellが家へ来てからほとんどノーリードで遊ばせて遣った事がないので,
「呼び・来い」が通じるか心配だったけれども,それも全く問題がなかった。
とても,楽しい日を過ごす事が出来た。

犬達も楽しそうだった。


発熱 2003,3,28
昨日の雨降りの中をバイクで走ったのが,無理だったのか。
しんどい・しんどいと想っていたら熱が出ていた。
今日は早く寝よう。
それにしても専業主婦って,辛いよね。

何時も,三食昼寝付きみたいな言われ方をして,
結局は熱が在っても,寝ている事も出来ないんだもん。


不用意な言葉 2003,3,27
今日はぽっぽちゃんの手術日だった。
土砂降りの中をバイクでお迎えに行くと,手術をしなかったって。
その原因は,Sarubiaが主治医を激怒させてしまったから。

病院へ連れて行った時にSarubiaはどうしても手術をする事に納得出来なかったので,
今まで自分の考えた事を全てお話をした。その話の中には主治医に対して
大変失礼な事を承知しているけれど・・と前置きをして自分の考えたりした事も
話をした。もちろんその事を本気で思った訳ではない。が,
自分の心を掠めた事,全てを話した。
その事に対して主治医は,Sarubiaを許せなかったのでしょう。

御瞋りはもっともな事なのでしょう。
手術の連続で疲労が限界だったのでしょう。
Sarubiaも昨年よりの疲れが抜けないまま,心の整理をしないままに
話をしたが為に主治医を怒らせる結果を作ってしまった。
お互いが精神状態が健全でない時は,言葉に気を付けなければならない。

Sarubiaに主治医に対する甘えがあったから,このような結果を生み出す。
家には14頭の犬がいる。
この仔達の命を預けるのは,主治医しかいない。
これからは,言葉に対してますます気を付ける事にしよう。

Sarubiaは手術をする事に対して,どうしても納得出来なかったから,
失礼を承知でと断りの言葉を言って,自分の想いを話して,
その上で主治医を信じますと,ぽっぽちゃんを預けた。が,
主治医はSarubiaの発した言葉に対して許す事が出来ず,
結果的には,手術を放棄した事になる。
それならば次は,Sarubiaが自分の納得出来る方法にて,
ぽっぽちゃんの生涯を見守る事とする。

それにしても,人間は何と自分の解釈をしたいように
人の言葉を解釈をしてしまうのだろう。
Sarubiaの発した言葉によって,何で?
何でそんな解釈が出来るの?
そう言いたい。が,
今はお互いに冷静に会話をする事が出来ないであろうから,
誤解されたままとしても,自分の発した言葉が原因であれば,
それも甘んじて受ける責任がある。


憧れ 2003,3,26
生きている中で,
素敵だなぁ〜,,,と想える人物に時として出会う時がある。
NETしていても,素敵なHP,素材,写真等々,,,
素敵だなぁ〜,,自分もあのようなHP,素材,写真等々,,,
どうすればあのようなHP,素材,写真等々創る事が出来るのだろう。
一生懸命考えても,挑戦しても全然出来なくって,,,それでも諦められなくって。
そんな時にサクサクッと創ってしまうような人と出会って。
お話が出来たりすると,もう天まで昇ってしまいそう。

それなのに,BANNERまで作って貰っちゃった。
今度は,ICONまで創って下さるって。嬉しいなぁ。

楽しみ  ♪


2003,3,25
P:M 2:00頃より俄かに空が曇り,雷が鳴り出して雨が降り出す。

こんな時は以前のタツだと台所・風呂場を中心にひっくり返して大騒ぎ。
本人は至って真面目。雷が怖くて怖くてパニックになってて・・・もう,大変。
それがこの1〜2年程はそのような事がない。
怖いのは一緒。変わりがない。時にはプルプルと体が震えている。
それでも雷の怖い仔達と一緒にウロウロと歩いているだけ。

今日はそんな何時もと少し違っていた。
雷がなっている時にトイレに入ったSarubiaは,出ようとして出る事が出来ない。
トイレが開かないのである。
だからといって,んなトイレに何時までも入っている事は出来ない。

    「よいしょ・よいしょ」

少しずつ押して開き何とか外へ出てみて,またビックリ!!
Sheltieの全員とタツが一つの塊になって居る。
こりじゃあ,開かない筈だわ・・・・

ふぅ,隆さんが帰るまで出られないかと心配してしまった(爆)


尿失禁と延期 2003,3,24
今日はぽっぽちゃんの手術の予定日なんだけれど,
主治医に緊急手術の予定が3つも入ってしまったとか。
27日に延期となる。


milkyの尿失禁が復活!
こんなの復活してほしくないけれど,,,,
milkyの場合は冬の間はなくなる。
水分の補給が少ないからだろうか。
暖かくなって来たから水分を沢山補給するから,
膀胱から溢れるのかな?
そんな感じで尿失禁がある。


バトンタッチ 2003,3,23
やれやれ,長いようで短かった一年,
やっと婦人会の総会も終わり,Sarubiaの生活が戻って来る。
この一年,のほほんとしていたようでいて,結構神経を使った一年だった。
ホッとしていると,リンダが
   「お母さん,疲れたでしょう。私がHPの更新をしてあげるから,
      のんびのお休みしていていいよ」
って,こんな優しい事を言ってくれたの!


また,手術・・・ 2003,3,22
ぽっぽちゃんのテーピングを外して,レントゲン撮影。
結果,骨折部位が接続していないという事で,
来週火曜日,手術を受ける事となる。

鳥の骨は極端ともいえるほど細いので,鳥の手術はとても
難しく成功の確率が50:50との事。

Sarubiaの内心,そこまでする必要があるのだろうか。
手術に失敗すれば,結局我が家で生涯を終える事になるのならば,
手術をせずにこのまま家で生涯を過ごす事は駄目なのだろうか。
そのようにも想う。しかし,主治医は
「野生で生活をしていた仔なので,帰る事が出来るなら,野生に戻してあげたい,」
この気持ちが強いようなので,Sarubiaも半分の確立に掛けてみる事にする。

今まで,我が家の仔達を奇跡とも言える程,助けて下さった主治医の勘・感・観。
主治医に全てをお任せしよう。


ボヤッと・・・ 2003,3,20
今日は久しぶりのいいお天気だった。
天気予報がお天気が良いって言っても,
曇りがちの日が続いていたけれど,
今日のような日にお布団を干さなくって
何時干すのだ・・・!,そんな良いお天気だった。
お洗濯物も気持ちよく乾くし・・・。雨降りは大変だ。
掃除をする気分にもならないし。洗濯物を乾かすのも大変だ。
洗濯物といえばこの間の雨降りの時は,冷や冷やものだった。
つい数日前の事。

洗濯をしながらエクセルと格闘をしていた。
隆さんの申告はもう提出を済ませているのだけれど,
婦人会の会計報告書がどうしても,想うように作成出来ない。
もう,何日も作り直しを繰り返して
もう,クタクタだった。

肉体的よりも精神的に参っている方がダメージが大きいのだろう。
朝から雨が降り続いているので,洗濯物をストーブの上で
乾かしていると,,,,クンクン。。何だか臭う。

あっ,洗濯物がストーブの上で,焦げている。
危なかった。
気が付くのがもう少し遅ければ,家を焼いてしまうとこだった。

ここんとこ,失敗ばかりしている。
この失敗何時になれば,止まる。
何処まで続くか記録を取ってみるか。。。


痛ッ!! 2003,3,19
犬達の食餌が終わった後,次の時の食餌の用意をする為に,
みんなのフード入れを集めていた時の事,

フード入れを「ポイッ」っと下へ置いた所,
折悪しくも通り掛ったROCKY・・・。
ROCKYの頭を直撃。。。ウッ,ROCKYごめん!!,
ステンレスの食器入れはさぞかし痛かった事だろう。
ただ,通り掛っただけなのに,いきなり襲い掛かった痛み,と
吃驚した事で,その瞋りの対象がmilkyへ。

そうなんだ,ROCKYの何時もの八つ当たりの対象が,
今回はmilkyに向けられた。

ガウ・ガウ・・

その光景をみて,ROCKY,ごめんね。
密かに心の中で誤るのだった。

お母さんが悪いのよ・・・って。


カチュア!,,,どこぉ〜!! 2003,3,18
昨日に引き続き今日はカチュアが避妊手術を受けた。

昨日からエストがすっごい下痢をしていたので,
昨夜に続き今朝は,「エストは絶食・エストは絶食」
そればっかり考えていたので,肝心の絶食をさせなければならない
カチュアを絶食させるのを忘れていた。

手術前に何時もの健康診断用の血液検査を依頼。
カチュアの朝食の事を話する。

夕方,カチュアを迎えに行く為に,若い仔達をケージに入れる。
クリス・ナンナ・リンダ・バンブー・Bell・カチュア。。。
あれ?,カチュアがいない。

カチュア!!,
カチュア!!,,どこぉ〜〜〜!!!
何度,大きな声を出して呼んでも現れない。。。
どうしょう,,,脱走したんだろうか。
ここんとこ長い間,脱走なんてしなかったのに・・・
どうしよう。。。

真剣に悩んで,考えて。。。ふと,気が付いた。

私は今から病院へカチュアを迎えに行くのだ。
カチュアがいなくて,当然なのだという事を,想い出した。

やっぱり,お疲れ気味のようだ。


クリスの避妊手術 2003,3,17
少し突然死の危険性があると言われていたクリスの避妊手術も無事に終了。
クリスの手術の結果,子宮の癒着,卵巣異常が確認された。
子宮内部にも異常が認められた。
このまま放置した場合,子宮蓄膿症に移行する確立が高かった。

ここんとこ精神的に参っているので,気晴らしに

http://www5.ocn.ne.jp/~salbia22/illness257.html

こんな頁を創った。

今まで他のhpをみていて,「いいなぁ,どうすればこんな事が出来るのだろう」と,
羨ましく想っていたけれど,さっぱり解からなかった。
何時か,自分も創ってみたいと想っていた事が,
また,1つ,理解する事が出来た。

でも,気晴らしが気晴らしにならなかった。
だって,難しいんだもの。
まだ,完全には理解できていない。


正体みたり・・・ 2003,3,16
隆さんとpcショップへ買い物に出かけた。

隆さんは終わるまで車で待っているというので,一人で店に入る。
3階まで行って買い物を済ませて,pcコーナーを一通り
見物してから,エスカレーターで降りようとすると,
すぐ後ろで人の気配。
たぶん,他の買い物客だろうと平静を装ってエスカレーターの乗る。
すぐ後ろで男の人の声。
   「何かいいものあったのか!」
何度も,何度も大きな声。Sarubiaのすぐ後ろで聞こえる大きな声。
何もこんなにすぐ後ろで会話しなくてもいいのに・・・。
エスカレーターを降りるまで続く大きな声。
降りてから聞こえて来た大きな声。
   「人が一生懸命話し掛けているのに・・・」
その声に振り返ると隆さんだった。

あぁ〜〜,怖かった。
やくざ屋さんかと想った!


頚椎か肩こりか・・・ 2003,3,15
2月末よりの慌しさの為に
整体に全く行っていない。

その事が原因なのか。
首,左部分の痛みがますます酷くなる。
これ以上耐える事は困難と,
来月,落ち着いてから行こうと想っていた整体に行く。

先生曰く,

肩こりは筋肉の圧迫による血液循環の悪さから来る。
Sarubiaの痛みは,頚椎のずれにより血管を圧迫している事によって,
血液循環を悪くしているとの事。

痛みが取れた。
やはり,頚椎が原因なのだろう。


限界を知る 2003,3,14
精神的・肉体的限界か,

もう,これ以上歩く事は出来ない。
それでも,生きていく限り,命ある限り
人は歩き続けるしかない。
歩み続けるしかない。

前を見て,
歩み続けるしかない。


お願いします。 2003,3,13
昨夜,隆さんが寝る前に,「お願いします」と言って,軽く頭を下げた。
Sarubia  「?,こちらこそ,宜しくお願いをします」と言って,深々と頭をさげた。

Sarubiaは,毎日朝早くに起きてお弁当作りをする事に対して,隆さんが言ったのだと想った。
実はそうではなかった。

隆    「明日な!」
Sarubia  「!,あっ,そういう意味ね♪」

今日は税務署へ申告書を提出しに行く。
隆さんが独立してから15年間,帳簿の整理と税務署関係は,
Sarubiaが担当して来た。Sarubiaにとっての一年の締めくくりは,
申告書の提出にある。これが終わらなければ,Sarubiaの一年は終わらない。

それにしても,3月というのにこの1週間近く粉雪が降ったり止んだり,
北風のふく寒い日が続いていたのに,今日はとてもいい天気。
風邪も然程なく,穏やかな朝になっている。
どういう訳なのか,この15年間,税務署への申告書を提出する日に
雨降りだったのは,一日ぐらいじゃあないだろうか。
ありがたい事だ。今日も一日,頑張ろう。。。


許す事は出来ぬ。 2003,3,12
獣医師が管理人のHP,
メールマガジンを発行しているHP,
多くの人から信頼されているHP,獣医師,
そのHPは3人の獣医師が共同にて管理をしている。
その中のどの獣医師が書いたのかは解からない。
けれども,どうしても許せぬ一文がある。それは,

「しつけ」コーナーの中の「人を噛む犬は・・・」のTitleの内容。
その書き出しは,
「自分の実家が飼っている犬は,Sheltie。それはとても酷い犬」
そのような書き出しから始まる。
その犬は始めは可愛かったらしい。
その犬の姿は美しかったらしい。しかし,
内面はとても耐えられない犬らしい。
何故なら,始めは吠えて煩かったらしい。
叱っても言う事を聞かないらしい。
とうとう,食事中に手を出すと,唸るようになったという。。。
とうとう,誰かを噛んでしまったらしい。

その犬は自分が飼っている訳ではないので,
その犬は両親が飼っているのでどうしようもないと。。
とうとう,挙句の果てに孫を噛んではいけないからという理由で,
Sheltieの歯を全て抜歯してしまったのだと。。。

これで人を噛む事はない。噛んでも痛くない。。
これで保健所行きになるよりは良い。

えっ?,,,
このような内容の話が,何故獣医師の「しつけ」のコーナーにて
書き込みがされている。
Sarubiaは眼を疑った。耳を疑った。
何度も何度も出直したけれど,「躾」コーナーで,誰かの相談内容ではないようだ。
これでは,まるで知らぬ人が見れば,躾の出来ない攻撃的な犬は,
歯を抜けばいいようにも受け取られかねぬ。SarubiaはそのHPの掲示板に,
「質問です。「しつけ」コーナーの「人を噛む犬は・・・」は
どのような趣旨で書き込みをされていますか」
このように書き込みをすると数日はそのまま放置されていたが,或る日突然に,
掲示板そのものがなくなっている。「しつけ」コーナーもなくなっている。
HPから消えている。
何の回答もないままに・・・。

Sheltieの心を理解しようともしないで。
人間がよきリーダーとなろうともしないで。
全て犬が悪いとNETで公表されて,
犬の歯を抜歯する事によって,
あたかも良き解決かのような書き込み掲載。

許せぬ。
絶対に許す事は出来ぬ。


クリスの気管虚脱とタツ 2003,3,11
今日,クリスの薬をいただきに病院へ行く,主治医とクリスの気管虚脱の原因の可能性に
ついて,話を伺う事が出来た。この気管虚脱の一因に声帯切除が要因となっているとしら,,,
     Sarubiaはやっとタツの事を好きになって来たのに・・・・
     また,心が離れないか心配だ。
     タツが来なければ,声帯切除をする必要なんて,なかったのだから。
     
     当時,完全に制止の出来ていたSheltie達,それがタツの仲間入りによって壊れた。
     それは,誰の責任でもない。もちろん,タツの責任であろう筈がない。
     それはよく承知していながら,タツの心を受け入れる事が出来なかった。


     それでも,6年共に誠意ある心でタツと接していく事によって,Sarubiaの心も
     徐々に解けて来たのだろうか。やっとタツを受け入れる事が出来たのかな?
     そう想えるようになった頃に,タツも見事な家庭犬となった。
 
     それが今回のクリスの気管虚脱・・・・。
     その原因が声帯切除にあった時,またタツを許せなくなるのではないだろうか。

      不安は募る。


動物好きとオレンジのオーラ 2003,3,10
以前に「ペットたちは死後も生きている」この本の中に動物好きはオレンジ色のオーラを
放っているという話を読んだ。
Sarubiaは,エクセルにて隆さんの「前期予定案内」の訂正文章の作成をしていると,
犬がいきなり「ガォ!!」って,吠え出した。我が家の場合は頭数が多いので,
「ワンワン」なんて優しい声ではない。それはあたかも,
   「お前は誰だ!!。不審人物発見。みんな警戒せよ」
口々にそのように叫んでいるように聞こえる。外へ出てみると近所の療養中のお嬢さんが
柵の外に立って犬の相手をしていらした。お嬢さん曰く,「私は犬が大好きなの」と,
しかし,犬達は一向に静まらない。Sarubiaが制止をしても,制止したその時だけ。
すぐに口々に叫びだす。ふ〜〜ん,,,この人にはオレンジのオーラがないのだろうか。
でも,犬は好きだと言ってる。でも,犬は吠えつづける。???どうしてだろ。
家の仔達は来客があると,Sarubiaか制止をして話を始めると,それぞれに
座って静かになるのに,今日のこの仔達の態度はどうした事なのか。不思議だ。

相手にオレンジ色のオーラがあってもSarubiaが相手の事を好ましく想っていないと
いう事が伝わっているのだろうか。今まで,milkyはそうだった。
Sarubiaが内心「嫌い」という気持ちのある人が訪れると,Sarubiaがどんなに
表面的に社交性を装っても

ゲッ,,,隆さんが「いかなご」の生を持って帰っているから準備するようにって,
電話をして来た。釘煮の準備をしなくちゃあ,,,続きは後日。


一卵性双生児 2003,3,9
仔犬が産まれると成長と共に,
遊び・攻撃,喧嘩様々な事から社会性を身につけ,
上下関係,自分の位置付けを学んでいく。

それが今回のクリスの仔犬達,まるで一卵性双生児。

人間の一卵性双生児でも動作,発声,好み殆ど同じという。
まるでクリスの仔達も,何をするのも同じ動作,眠り方まで同じ。

何時しかこの仔達も離れ離れになって,それぞれの新しい飼い主さんの
元に行かなくてはならない。それまでの一時の安らぎ,いっぱい味わって欲しい。


そりゃあ,悪かった。 2003,3,8
昨夜剛が帰宅したのが,P:M 25時を過ぎていた。
剛は仕事は休みだという,隆さんは6時過ぎ出勤なので
剛の食事の用意だけをしておいて,先にお風呂に入って寝た。
寝る時に「あっ,ついうっかりと,何時もの調子で窓を開けたかも」
それだけ言って先に休んだ。

今日,12時過ぎに起きてきた剛。徐にSarubiaに
剛   「お風呂に入るよ」
Sarubia 「うん?,どうぞ」
剛    「昨日,お風呂に入らなかった」
Sarubia 「?」内心パジャマを着ていて?,,,そう思っていた。
剛    「お湯がなかった」
Sarubia 「えっ?」窓を開けていただけじゃあなかったんだ。
剛    「服を脱いで,入ろうとドアーを開けたら窓が空いてて,湯船も空だった」

Sarubia,,,笑っちゃあいけないんだけど,大爆笑。
そりゃあ,悪かった。 またまた,大爆笑。
剛はちっとも面白くなさそうだった。

        ごめん,


安易な繁殖 2003,3,7
最近,あちこちで繁殖の話を聞くのですよね。
ある掲示板では,ミニダックスのレッドが欲しいからと繁殖を続けて
4回目の出産で2胎を母犬が傷つけて残りの仔を帝王切開が,後に
死亡,,,で,5回目の出産を前にしてのアドバイスの投稿。。
そりゃあもう,喧喧囂囂のRe;。。。Sarubiaは読むだけでも苦しい。
昨年度のSheltieの年間登録が7860頭,ミニダックスが150742頭,
最近ミニダックスの乱繁殖が話題にされており,それに伴う遺伝疾患も
増えているとか。流行犬だから儲かる。愛犬の仔犬が欲しい。。。
このような安易な繁殖が多いのでしょうか。またあるHPでは相談室に許せぬ
書き込みがありました。8歳で初産?,高齢出産の母体に与える影響なんて
考えないのでしょうか。珍しい犬種だから?,,,欲しい?
猟犬だから体が丈夫に出来ているから大丈夫?ふざけるな!!・・・と言いたい。
怒りのついでに,,,ここには安易な繁殖の人は
来ないのでしょうが。。繁殖についてよく考えて頂きたい。

******************************

1,繁殖とは種の保存と向上に努力する事です・BR>I    純血種を交配するという事は,その犬種のスタンダード・性格・犬の本質・BR>    保存,維持,向上しなければなりません。・BR>    ・BR>@      1・・スタンダードから外れた体格ではないか・BR>B      2・・骨格に異常はないか・BR>B      3・・色素に問題はないか。・BR>@      4・・眼色は問題ないか・BR>B      5・・歯に問題はないか・BR>B      6・・噛み合わせは正常か・BR>B      7・・先天的疾患・遺伝的疾患はないか・BR>B      8・・性格に問題はないか・BR>B      9・・停留睾丸ではないか・BR>B      10・交配相手は自分の仔の欠点・短所を補う事が出来るのか・BR>B      12・交配相手は上記の条件を満たしているのか・BR>B      13・共通の欠点を持ってはいないか・BR>B      14・インブリーディングをし過ぎない・BR>B・BR>@2,繁殖するという事は,繁殖する人間が一つの命を作るという事であり・BR>C   その命は両親の遺伝子を受け継ぎ,受け継いだ遺伝子をしっかりと育ててい・BR>ュ   責任というものを背負っています。持って産まれた遺伝子だけではなく生後に個・BR>X   の性格,感情としても芽生えてきます。それは個々が持っている感受性によっ・BR>ト   個々の環境から受ける影響からの違いによっても育ち方に違いが出て来るのです・BR>B
3,繁殖者は,最低限として血統書から,健康診断からによって遺伝疾患の有無の確認・BR>B   眼に見えない性格の確立の責任として,両親犬の性格を,最低限の責任とし・BR>ト   基本的ルール,社会に於いて迷惑を掛けないだけのルールを犬に守らせてい・BR>   必要があると想います。何故なら産まれてくる仔犬は,母親の遺伝子の70%を・BR>   受け継いで産まれて来るのだから。家庭犬として育つ犬に問題のある犬を繁・BR>B    として使用した場合,その問題の70%を,産まれて来る仔犬に受け継がせ・BR>    事になります。・BR>    それは繁殖者の大きな無責任な行為であると言わざるを得ないと想います・BR>B
4,自然界の群れで子供を育てるのは,母犬だけではなく群れの中には必ず教育・BR>W   のような犬が存在します。仔犬が生きていく上で必要な様々な事を母犬や群れ・BR>フ   犬から教えられるのです。人間が繁殖した時,この教育係を人間が行う必要・BR>ェ   あります。産まれた仔犬は産まれた時に持っているのは,先祖から受け継い・BR>セ   遺伝子だけなのです。今後仔犬が人間社会で生活をしていく上で必要な事を・BR>C   人間社会を早期に教える必要があります。人間に慣らす,これは触れあ・BR>、    という事です。大人や子供など様々な人間に慣らす事で人間を自然・BR>ニ    受け入れる心が養われます。人間社会で聞く様々な音も聞かせます・BR>B    風・雨音,道路を走る車の音,様々な匂い・臭い,,,,日々の生活の中・BR>ノ    訪れる様々な音・小さな頃から仔犬が怖がらないようにに徐々に良い経験・BR>    する事によって安定した精神が養われます。・BR>
5,繁殖とは大変な責任・労力・忍耐・金銭的負担・時間的余裕が必要となります・BR>B    母犬の健康・仔犬の健康を大切に考え,心身共に安定した仔犬を育てる事が・BR>C        この世に命を誕生させる者の義務です・/DIV>B


手術中の突然・/FONT> 2003,3,6
3/4,,クリスが避妊手術前のレントゲン検査にて,
「心肥大と気管虚脱」が判明し,症状の軽減後に手術する事となる・BR>C時々,NET散策していると「避妊・虚勢手術中の突然死」等によって・BR>C主治医のミスを追及,技術・誠意云々している話を聞く事があるが・BR>C今回のクリスにも同じ事が言えるのではないだろうか・BR>Bクリスの症状をちょっと酷い風邪・アレルギーと想い,主治医も同じ事を想い・BR>B実際に主治医とその様な会話をした事もある。また,主治医が心臓に何かあるのか・BR>解からないと漏らした事もあったし,,,・BR>Sarubiaは,手術の前に,原因は何か。・BR>@     原因があったとして治療が出来るのか・BR>B治療方法があったとして,現在の我が家の経済状態で治療をする事が出来るのか・BR>Bそれを見極める為にも,手術の前に原因をはっきりとさせる為に検査を依頼し・BR>C主治医は,原因,状態によっては手術は延期をすると言われて検査をした・BR>Bその結果,「心肥大・気管虚脱」と判明・BR>Bもし,このまま検査をせずに単なるアレルギー症状と想い,風邪と想っ・BR>トそのままに手術をしていた場合,もしかすると手術中に急変して命に関わるような状態・BR>Cもしくは死亡している可能性もあったのではないかと想う・BR>Bこの場合,誰の責任になるのだろう・BR>B     獣医師の責任ですか・BR>Hいえ,Sarubiaはそうは思いません。誰にも責任があるとは思えないが・BR>C強いて言うならば,飼い主の観察・判断力が命を左右する事も或るいい例・BR>ニ言えるのではないだろうか・BR>Bこれからも不必要な獣医師への責任転嫁をする事のないように・BR>C自分の愛犬の命は,自分が守るのだという信念を持って・BR>C貴い命と日々を生活して頂きたいと思う・/DIV>B


エクセルのセル結・/FONT> 2003,3,5
会計報告書作成に関して,エクセルにて,書き直しをしているのはいいけれど,
どうしてもエクセルのセルの結合・分割が解からなくて。。。で,・BR>花音ママさん,みゆさんにお尋ねしたら,花音ママさん,みゆさん,Koroさんま・BR>ナ丁寧に教えてくださった。で,Koroさんの説明が一番簡単で解かりやすかったので・BR>Cまた,忘れた時の為に,ここに書き留めておこっと。そうそう・BR>C罫線の設定も度忘れしてしまって,やっと思い出したので書き留めておこう・BR>B
書式→セル・BR>B
それだけ,これだけの事を思い出せなくって,四苦八・BR>もう一つ,用紙会わせも・・・・BR>
印刷プレビュー→余白・BR>Bこれで用紙に合わせた印刷の設定をする事が出来る・BR>B
********************:
koro 03/03/05(水) 21:33
セルの結合とは結合の解除・BR>ヘ「ツール」→「ユーザー設定」→「コマンド」→「書式」の中にあります・BR>B
私はよく使用するのでアイコンをツールバーに出していますよ・BR>B@がセルの結合で、Aが結合の解除です・BR>B「書式」の中のアイコンを「Ctrlキー」&マウスポインター左クリックをしなが・BR>ツールバーに持っていけばアイコンが表示されますよ。・BR>
こんな書き方で分かるかなあ。。。・BR>H


クリスの避妊手術予定・/FONT> 2003,3,4
今朝は家の外は真っ白だった。
昨日は一日強い雨降りだったので雨が降っていないといいけれど,・BR>と,心配だったが,まさか雪が降っていたとは想わなかった・BR>Bま,雨降りよりはいいか。寒いけれど犬を連れて移動するのには・BR>Bそれにしても今日は寒く冷たい一日だった・BR>Bクリスを連れて,リンダを連れてあっちへ,こっちへと走り回っ・BR>トトータル70k余りは走っただろうか・BR>B体が冷たくて,ガチガチに凍ったように,,,いや,本当に凍っているのは・BR>CSarubiaの心の中かも解からない・BR>B
今日はクリスの避妊手術の予定日,朝から雪の降る続く中を・BR>Cクリスと一緒に頑張って病院へ行く。少しでも冷たい風除けにでもなればと・BR>Cクリスの首にタオルを巻いて。手術の前に気になる事が・・・・・BR>B手術の日は何時も診察時間の終わりギリギリに入るのだけれど・BR>C今日はクリスの呼吸・気管に関する気になる事を手術開始の前・BR>ノ検査をして頂こうとA:M 9:30に病院へ行く・BR>B主治医は以前に心臓が悪いかも・・・このような事を言われた事があった・BR>BSarubiaには,どうしても症状と心臓が結びつかないけれど。。。とにかく・BR>C    原因は何か。・BR>@    原因があったとして治療が出来るのか・BR>B    治療方法があったとして,現在の我が家の経済状態で治療をする事が出来るのか・BR>Bそれを見極める為にも,手術の前に原因をはっきりとさせたかった・BR>B主治医は,原因,状態によっては手術は延期をすると言われる・BR>B
検査の結果は,心肥大と気管虚脱が判明した・BR>Bレントゲン写真で明らかな肥大と気管の狭くなっている個所が判明した・BR>B2週間薬和服用して,症状が軽減してからの手術と予定変更になる・/DIV>B


ベチャッ・・・/FONT>E 2003,3,3
今朝の事例の如く隆さんに起こされてギリギリまで寝ていて,
さぁ〜〜,急がなくちゃあ,,,と,何時もと代わり映えのない朝の一時・BR>B台所へ行くと足の裏が濡れたような・・・。ありゃあ・・・また,誰・BR>ゥお外がおしっこでいっぱいだからといってぇ〜〜こんなとこで。。と・BR>Cぼやきながら電気を点けて見ると,何と下痢のウンチ君。ありゃりゃ・・BR>Eこれはナンナ君だなぁ・・・昨日の朝下痢をしていたから,絶食・BR>B夕食を量を減らせてふやかせたフードを与えたけれど,まだ無理だったのかな・BR>B
少し前はRockyが同じような下痢をして,絶食・少量のフードと・BR>C食事制限をした後なので,何らかの伝染性細菌・ウィルスの影響があるのだろうか・/DIV>B


言うたやんか・・/FONT>E 2003,3,2
隆さんが食前に軽くお酒を飲んでいる時の会話の事。
外の犬舎の下の部分が相当に錆がきて傷みが酷いので・BR>Cその内に大部分にて買い替えの必要が出て来るようだ・BR>Bという事を話した。隆さん曰く・BR>C   隆, 「だから,いうたやろ,塗っといた方がいいって・BR>v 和子, 「えっ?,塗ってくれるんじゃあないの?・BR>v   隆, 「ペンキ屋に頼むと金がかかる・BR>v 和子, 「えっ?,この(隆さんを指して)ペンキ屋さん,お金取るの?・BR>vと,他愛もない会話をしながら,何時しか飲んでいたピールが空になる・BR>B   隆, 「ビール,お変わり・BR>v 和子, 「止めといたほうがいい,飲みすぎたらガンになる・BR>v   隆, 「えっ?,ガンになるの?,,そんなん飲んでみな解からへん・BR>v 和子, 「そら,そうや,で,ガンになったら,だから,いうたやろって,言うの?・BR>v
     なぁ〜〜んて,しょうもない会話を続ける夫婦のひと時でした(爆・/DIV>j


痛のオンパレー・/FONT>h 2003,3,1
頭痛・眼痛・首痛・左肩痛・左腕痺・・・もう,何だかボロボロって感じ。

一番の原因は完全な睡眠不足。その次の原因は・BR>C明らかに役員業務の終了を目前にして,次から次へと用事が目白押し状態・BR>Bそりゃあ,,,傍目には仕事をしながら役員をしている人は・BR>C仕事を抜けて・・・時には休んで業務をこなすのだから,,・BR>CSarubiaのような専業主婦にとっては,楽な事だと,誰しもが想う事なのでしょうね・BR>BSarubiaだって,そういう人達の事を思えば,いい方だとは想ってる・BR>Bそれはそうなんだけど・・・ここんとこ,剛の帰宅時間がね・・・・BR>Eそれで2〜3日前に徹夜状態だった事と役員の用事が重なって。・BR>Bその後,体調を崩してから尾をひいてしまっている・BR>B一度この状態になると回復するのに時間が掛かって。。。・BR>B
さぁ〜,明日も忙しい,,,早く寝て頑張ろう・・・って・BR>Cもう,1時だ。・BR>B明日は隆さんも6時半に出勤といってた。。・BR>B隆さんも1ヶ月全く休みなしの仕事をしている・BR>Bしかも,隆さんも町の役員業務を,帰宅後,日曜日・BR>ニ仕事が休みの時は,体を休める間もなく続いている・BR>B3/9は,庚申祭の為に,山登りまでしなければならない・BR>B隆さんも最近,お疲れ気味のようだ。それなのに。。・BR>BSarubiaも,婦人会の役員として強制的に参加しなければならなかったけれど・BR>C区長に直談判して免除してもらった・BR>B
夕方になってSarubiaが寝込んでいる事が多いこの頃だけど。。・BR>B隆さんが帰宅してから「大丈夫か?,熱があるのか」と額に置いてくれ・BR>優しい言葉と手のぬくもりに,,,どんなに疲れ果てていても,・BR>まだ,起きれる。まだ頑張れる。。。Sarubiaはそう想って起き上がる事が出来る・/DIV>B


inserted by FC2 system