ミャアが家へ来たのは,ロッキーがこの家に来る6ヶ月程前の事。ロッキーが家へ来るまでは本当に
のんびり,おっとりした仔っていう感じの仔だった。それがロッキーが家へ来てから一緒に遊ぶようになって。
  きっと,ロッキーはミャアが良い遊び相手。ミャアにとっては,良い狩りの練習相手となったのだろうな。
ミャアが来てから1年が過ぎた頃から,ミャアは外で遊ぶ楽しみを覚えてしまったようだ。それからが
大変だったな。毎日,捕獲した獲物を持って帰って来るようになった。小さなものは,バッタ,蜥蜴。
大きなものは,雀,鳩のバラバラ死体を2階で見つけた時は,吃驚してしまった。後片付けも大変だったなぁ。
獲物を持って帰って来なくなると,今度は,毎日家へ帰ってくる度に傷かある。時には大きい傷,時には深い傷,
それからは常に2〜3ヶ所 に傷ある状態だった。それでも,傷口が深く,抉るように傷を掃除して消毒をしても,
じっと,辛抱してどのような痛みにも耐えて,傷の手当てをさせてくれていたなぁ〜。

  どうも交通事故に遭遇したらしい。 ある日,家へ帰ってきた時の様子が変だ。炬燵で寝ているミャアが
茶色の尿が垂れ流しの状態で漏れている。「たぶん,もう明日まで命がないかも分からないな。」そのような
状態で家まで辿り着いて自分で安静を保っている。翌日,動物病院へ連れて行くと,主に,腰の方の打撲が酷く,
尾椎,仙椎の付近が粉々に近い状態になって,後足股関節も外れている。
  獣医師は,「猫にとって,尾はアンテナと同じで生活をする為に大事な役割があるから」と,その粉々に
なった骨を何とか使える骨を集めて,修復してくださった。手術をしてくださった獣医師,現在の掛かり付けの
院長,何れの獣医師も「治療に,こんなに協力的な猫を見た事がない」と言って下さった。それ程にミャアは
とても,辛抱強く,忍耐力が大きかった。

   家に犬が8頭くらい迄は平気で家へ帰ってきて,隆さんの食事をねだったり,側で寛いだりしていた
けれど,その頃から徐々に犬達が鬱陶しく,又同時に,外の方の生活が楽しくなったのだろうな。家へ帰って
来なくなった。だからと言って,私達が嫌になった訳でもなさそうで,家の近所の猫の溜まり場で生活をして
いるのは分かっているので,時々「ミャア?」と,呼びかけると「ミャア〜♪」と,返事を返して元気な姿を見せて
くれた。その姿を見て,「そろそろシャンプーしなくちゃ,とか,蚤取り首輪を変えなくちゃあ」と思うと,“おいで”
と,手招きをすると側へ寄ってきて,素直に抱っこされて家まで帰って来て,シャンプーをして,スッキリした体
になって,食事を済ませて,又,出て行くという生活を1〜2年程続けたかな?
   そんな生活を続けていた或る日(97’1頃),ミャアが自分から家へ帰って来るようになった。それも,
毎日欠かさずに。夕方家へ帰って来て食事をして,朝食を済ませると出かけて行き,又,その日の夕方に家へ
帰って来るという生活。家を出た頃は,体重が6キロ余りあり,とても貫禄のある体をしていて,その頃には
今迄ケンカ傷の絶えなかったミャアの体には全く傷も見当たらず,「きっと,猫仲間のボスになったのかな」
つて思っていた。それがホッソリとしたスマートな体になっていたので,あぁ〜やっぱり,外では余り食事を
満足に食べられないので細くなったのだな。私はその程度にしか考えていなかったが,薫が「それにしても,
痩せ過ぎだよ」の一言で,病院(97’2/18)へ連れて行くと,糖尿病の可能性が大であり,後1ヶ月持たない
だろうと,,,,。家の経済的理由などにより,検査・治療を断念,栄養補給のみの処置に留める。夜,歩行
困難となり何時もの寝床に上がる事が出来ず,ケージを用意してそこで休ませる。
  翌日(97’2/19)sarubiaが起床した時,ペットシーツが排尿で濡れていたので,新しいのシーツに
取り替える。A:M 7:30,薫が起床して来た時には,息を引き取り,死亡を確認する。

 でも,現在(01’8/7)振り返ってみると,ミャアは猫エイズに罹患していたのではないだろうかと思う。
猫エイズは,猫同士のケンカの咬傷から罹患するとか。ミャアのいない今となっては,確認の仕様もないが,,,。
                                         


  7年という寿命は現在の飼い猫からみれば,とても短い生涯だったと思う。
それはsarubiaの飼育の方法が間違っていたから,,,。ミャアの生涯を短く
してしまったのは,飼い主の責任だ。そんな飼い主の元へ,,,。家へ帰って
来なかったミャアが死を目前にして,毎日家へ帰って来てくれた事が,
sarubiaにとっては最大の喜びであり,sarubiaの,生涯忘れる事の出来ない
命との触れ合いとなった。(写真は,亡くなる1週間程前に撮影)



inserted by FC2 system