何時の頃だろうか。。。。 Chrisの皮毛がこんなにも乱れるようになったのは。。。。。



毎年,6月頃になると丸刈りになる我が家のSheltie達。
10月頃になるとそろそろと短い毛が生え揃ってくるが,
Chrisだけはこの状態になるのが,,,,厳冬となる2月頃にならなければならなかった。
それが今年(06’)は嬉しい事に,こんなみすぼらしい状態であっても毛が生えている。
これだけでも時としてきつい寒気となるこの地域。 保温に大きな違いがあるだろう。。。。



今迄に何度も受診したが,その時々の症状によって,
クッシング症候群(副腎皮質が影響)の可能性。 マラセチア・脂漏性皮膚炎と様々に診断を受けてきたが,
先日,パオラの受診の際にChrisの皮膚について, シャンプー後でも瘡蓋のような剥がれた皮膚があり,
乾性脂漏性皮膚炎なのではないだろうかと尋ねたところ,
Chrisの場合は,クッシング,マラセチア・脂漏性皮膚炎が,
其々に大きな割合で関わりあって症状となって現れているのだと思う。。。との事。
我が家では一日の殆どが室内生活なので,飼い主が外から持ち込まない限り, また,
清潔度に於いても症状としてマラセチアが出現する環境とは思えず。。。。
脂漏性皮膚炎の原因となるのがマラセチアであり,その事から考えると,,,,
やはり,Chrisの症状は副腎皮質の影響がだいなのか。。。。。
副腎皮質の治療をするには,1ヶ月に一万円程度が必要との事。 また,
治療をしたからといって延命ちりょうに繋がるわけでもなく,,,,,。
治療する事によって疾患そのものを完治させる事が出来るならば,
たとえ高価であっても治療したいが,現在の外見を良くし, それを維持するだけのためであるならば,,,,,,。
定期的なシャンプーによって現在の状態を維持していく事が出来るならば, Chrisには申し訳ないが現状維持で行きたいと思う。 inserted by FC2 system